FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
あなたの背中に いつも

群青の海を見ていた





あなたが 優しいときは

海が 一層深い青になって

広がった

あなたが 悲しいときは

海が 轟いて波打った





あなたの背中に いつも

群青の海を見ていた





限りなく広がる

あなたの海にいるときの

私は

まるで 胎児のように

丸まって

安心しきって

浮いていた






そう

私は まるで胎児のように

ゆらゆらと 浮いていた

あなたの中から聞こえる

規則正しい 拍動の音を

子守唄に

すやすやと 眠ってた









あなたはいつも

仏頂面で

不愛想だったのに

なぜだろう

あなたという海は

その背中から

消えることがなかった






あなたという海の中で

私は

世界が優しいことを

教えられた

あなたという海の中で

私は

ひとを 信じていいと

教えられた





あなたの背中に いつも

群青の海を見ていた





あなたの背中に いつも

群青の海を見ていた



フリー画像・深い青の海








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/03/26 00:03】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック