FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
毎年 毎年

おめでとうおめでとうの

集中砲火に

堪えきれず




それでも職場に行けば

自ら

「おめでとうございまーす」

なんて言ってる自分に嫌悪する





来年は

おめでとうの集中砲火に

がんばれニッポン!

が加わると思うと

今から

自殺したくなる





どーぞ

非国民と呼んでくれ



フリー画像・孤独な女

今、ふと思い出したんだけど
病棟って、「あけましておめでとう」ないんです。
少なくとも、私が勤務して来た病棟では、の話ですが。
そこは、重症の患者さんも、亡くなっていく患者さんも
多かったので、「おめでとう」の挨拶は、ありませんでした。







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/01/05 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック