FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
統合失調症とか、うつ病とか、神経症とか、発達障害とか
精神疾患にはいろいろあるけど
何とか病 とか、何とか障害 とも呼べない

つまりどんな診断分類にも属さない
いわばグレーゾーンの人たちって
今の時代、案外多い気がするんだよね。
私もその一人だし。
(神経症ではあるけどしっかりし過ぎ・・)

例えば本人死ぬほど苦悩してるのに
引きこもり のひと言で片付けられていたり、
社会に適応してるかのように見えるけど
実は本人過剰適応なだけで
もの凄いしんどさを抱えたまま働いているだけで適応出来てなかったり、

リスカとか、自殺企図とか、
そんなアクティングアウトをして、ひとの気を引くことも出来ず、
周囲を巻き込んで自分の葛藤を解消することもなく、

だけど、ほんとはいつも苦しくて
「誰か助けて・・・・!!」と
内心悲鳴を上げてる、一見しっかりして見える人。

そう言うグレーゾーンの人たちは、
どこにも助けを求めて行けないし、
求めたとしても、そう言う人の支援の場って
きっとあまりないはず。

でも、こんな現代、
グレーゾーンの人たちって、
自分がこれまで思っていた以上に多い気がしてならない。

そう言う人たちまで支援するとなると、結局また
グレーゾーンの人を診断分類しなければならず、そこからまた
零れ落ちる人が必ず出て来る。

だから、これ以上細かい診断分類は要らない。
ただ、グレーゾーンの人たちは、
ちょっと話を聞いてもらったり、ちょっと助けてもらったり、
それだけで、随分安定するものなのだと思う。

ひとはどうしても、白黒ハッキリさせたがる。
白なのか、黒なのかどっちなのか、と知りたがる。
でも世の中には、白にも黒にも当てはまらない人がいるんだよ。

限りなく白に近いグレーの人から、限りなく黒に近いグレーの人まで、
黒から白への美しいグラデーションみたいにね。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/03/19 06:08】 | PSW(精神保健福祉士)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック