FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
昨日はセラピーの日でした。

もう20年ぐらいでしょうか。
通いつづけています。

「カウンセリングって何でも話を聴いてくれて
優しくしてくれて、共感してくれるんでしょ?」
とか、よく言われます。

が、セラピーは、そんなぬるいもんじゃないです。

むしろ厳しい・・・!
いちいち痛いです。

何を話しても良いのですが、
何を言っても、常に私の問題(良い悪いではなく)として、
ときにキツい言葉を、我がセラピスト・ハッチは
ぶつけて来ます。

「こないだマリコが@@@@@とか言ったんだよ!ムカつく!
もう話してていやんなったよ」
とか言っても、

「そうなの?それはムカつくよねえ、酷い人だねー」
なんて絶対に言ってくれません。

「それって、マリコさんの問題じゃなくてさ、
ナレイさんがマリコさんに反応してんでしょ?
マリコさんの言葉に、自分を見てるから
ムカついたんでしょ?」

まあこんな単純な内容ではないけど、
喩えるならそんなカンジ・・・・・。

いたい・・・!なんでそう痛いことばっか言うの・・?
と思いますが、
ハッチの言葉は、私の心の的のまん真ん中を、常に射抜くので
認めざるを得ないんです。

厳しいけれど、そんなやり取りの根底に流れるのは、
常に 深い共感 です。
だから私は、セラピーをつづけられるんです。

自分の問題を二人で見つめる作業は、
楽になるためには必須です。

病気じゃない人は、日頃から、
先ず自分の問題を見るなんてないと思います。

自分の問題を見ない方が楽です。
でも、私は見ない訳に行きません。


ハッチは、
私の深層に、灯りをともしてくれる大事な存在です。

私の中に眠る解決策を目指して、共に旅してくれる人。


ひとのせいにするほうがずっと楽に思えるけれど、
病気でも病気じゃなくても、
自分の問題を見つめることは、自分が変われる、、
そしてやがては楽に至る、大切な作業です。

私とハッチの旅は、まだまだつづきます。


あ、いたい~~~~~!!!


海辺にて3







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/12/26 00:03】 | 精神療法
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック