FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
注:私はフレディを愛を込めて「変態」と呼びますが、
それは、彼の性的指向とか全くかんけーないし、
一般的に言われる「変質者」みたいな悪い意味で使ってません!
突き抜けたような才能の持ち主って、
どこか変人だったりするでしょう?
良い意味でフレディは「ちょード変態」ってことです。
これ、いちいち説明するのえっれえ面倒なんだけど
書いておかんとアダルトの方とかすぐ反応するんだもーん!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て来ました。

ちょっと映画館で映画を観る!なんて
もう20年ぶり?30年ぶり?とかじゃね?

でも今回は大好きな変態フレディの「伝記ドラマ」
ということと、

映像は全て役者さんだけど、
音楽は本物のQUEENの歌声、演奏だというので
そらあ、映画館の音量と音質がさいこー!じゃん、
と思ったわけで。



感想を言うと・・・・ごめんなさい~
どこが「感動」「涙」なのか
サッパリ!わからんかった、私には。
やけに評判良いようだけど、私にはその意味がわからん!

私はQUEENのドキュメントDVDを何度も観ているからなのか、
事実と違い過ぎ!や。
ああ、事実を知らないと感動できるんかね?
いやあ・・・しかしストーリーは安過ぎるやろ。ふ し ぎ。

主役のラミさんだっけ?
見た目を似させることには限界があるんだってば。
いんだよ、見た目なんかどーでも。

フレディみたいな素晴らしき変態は、
誰にも真似できないんだからっ!

フレディの二本の出っ歯はチャームポイントよ!
あれじゃあまるで「ものまね王座決定戦」じゃねーか!
ラミさんも、さぞ!台詞が言いにくくてしゃあなかったでしょうよ。


で、なんで?!メンバー同士の「友情モノ」になってんだよ!
安っぽいんだってば。リアルじゃなさ過ぎ!

「伝記ドラマ」つまり事実に基づいたフィクション
ってことでしょう?

だったらどうにでも脚色はできるのに、なんで
亡くなるまで・をやらんで終えちまうの?

もういい!この歌声だけは本物のあの
ラブリーなフレディ~~なんだと
わたしゃ目をつぶっちまいました。
あれだけの音量なのに、いつもクリアで心に響く、
やはりフレディの歌声はそれだけ素晴らしい!んだと思いました。

ま、聞き に行くには良い映画 ってことかひら?

ドうつの体にムチ打って
朝の一発目を見に行ったので疲れました。


なので
つづきは明日~~

予告↓


ま、こういうレビューって読み手の皆さんに
興味がなけりゃつまらんだけと知ってます。
でも一度に書くと、凄い長文になって余計にうざいでしょうから~






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/11/23 00:03】 | 映画、ドラマ、音楽 favorite
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック