FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
絹を引き取って、
もうすぐ4年が経とうとしています。

いろんなことを想定して、
相当の覚悟をして、里親になりました。

しかし、まさかここまでこの子が病弱で、
病院通いが日常になり、
ここまでお金がかかるとは思いませんでした。

一生飲ませなくてはいけない薬があるなんて
想像もしていませんでした。

もう慣れましたが、
何種類もの薬のことが、
いつも、この肩にのしかかっていています。

絹の爪を切る余裕さえ無くなりました。


「後悔をしていない」と言ったら
嘘になります。


でもー
子供が親を選べないのと同じように、
猫は、里親を選べません。

私も、沢山いる猫たちの中から
一匹を選ぶ というのがとても嫌です。
どの子も同じ いのちだから。

だから、シェルターに見学に行ったとき
真っ先に目に入った成猫の白猫を引き取る、と
即決しました。
子猫はすぐに貰い手がつくので、せめても、という気持ちでした。

その4才だった白猫の、名前もいろいろ考えて
絹 と決めました。

シェルターで手続きを済ませて
絹を連れて帰るとき、見送ってくださったスタッフの方々に

「はい!これで今日からこの子はうちの子になりました。
絹 と名づけます。終生、愛情と責任を持って育てます。
4年間、本当にお世話になりました」

そう言いました。

スタッフの方々は
「絹ちゃん という名前ですか?可愛い~!」

と言ってくださいました。

自分がどんなに具合が悪くても、
絹の世話だけは欠かせません。

正直 しんどいです。

でも、それ以上に
私は絹を、あいちています。

首輪を手作りして、おこたを作って
キャットタワーを買ってあげて、毛布を敷いて・・・
蝶よ花よとばかりに大事に大事にしています。

ちょっと大事にし過ぎだろ?とも思えます。
やたら、子供に過干渉な母親みたい~(笑


でも、どんなに苦しくても、痛くても、
それをそのまま受け容れる絹を見ていると
不憫で、不憫で、愛情が溢れます。

頑張る のは嫌いです。
でも、絹のことだけは頑張らないと。

これからもこの子を、あいちて行きます。

あいちています。
愛おちいです。


ちぬ・蝶ネクタイ

ちぬ・キャットタワーお気に入り











ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/10/19 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック