FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文


お前は何も言えないけれど

全身で 愛しさの光を放つ





その光が

目の前を通り過ぎ

足元に触れるから

私は 生きていられるの





愛しさの光は

私の心を

豊かにしてくれるから

私を 

人間らしくしてくれるから






お前の体に 顔を埋めると

お前の体温と 匂いが

伝わって来る







お前の愛しさは

私の 心の闇に

いつも

光をもたらしてくれる





だから私は

生きていられるんだよ



お前がいるから

生きていられるんだよ





お前は

小さな花だけれど

愛しさに 大きく輝いている





そう

そんなお前が

そばにいてくれるから

私は

生きられるんだよ


きぬ携帯画像197のんびじ2











ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/07/16 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック