FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
どーーも、未だに一般的には混同されてるようだけど、
ソーシャルワーカー(社会福祉士)や、
精神科ソーシャルワーカー(精神保健福祉士・PSW)
と言うのは、
社会不安障害など、神経症の人を 治療 するものではありません。
てか、治療をしてはいけません。

ちなみに社会福祉士の仕事とは

カンタンに言えば、身体的、精神的な諸問題を抱えている人に対して
生活全般の相談を受けたり、その人に合ったどんな支援が受けられるのか、、
関係機関と連携を取りながら、自立に向けて総合的に援助して行く

と言うもの。

精神科ソーシャルワーカーの仕事とは
(精神科ソーシャルワーカー
精神保健福祉士ーPsychiatric Social Warker
の略称でPSWと呼びます)

上記とほぼ同様ですが、対象が精神障害者に特化したものとなります。
なので、心理的な相談も多くなります。

つまり、ソーシャルワーカー(社会福祉士)も、
精神科ソーシャルワーカー(精神保健福祉士・PSW)も、
あくまで「相談・援助」が業務内容である と言うことです。
名称独占の職種ですが、国家資格であり、
これに介護福祉士を加えて「3福祉士」と呼ばれています。

しかしあくまで、ソーシャルワーカー、PSWに出来るのは
福祉現場での相談のみであり、治療は出来ません。

これらの職種を持つ者が、クライアントを医療機関に繋げることはよくありますし
医療機関に勤務するPSWもいますが、、
診断を下したり、薬の処方をしたり、治療するのは医師の役割りであり、
その他、治療が可能なのは、セラピスト(臨床心理士)に限られています。

精神科の治療行為は常に危険と隣り合わせです。
社会不安障害、パニック障害等、これだけ神経症の多い現代、

治療と相談、この違いも実に曖昧ではありますが、
我々福祉職は、あくまでクライアントの生活、その中で生じる困難、
生き辛さ、苦しみ、悩み等の
「相談」を受け、クライアントと共に問題解決の道を歩く者です。
(てめえがしんどいクセして、あんま、エラそうなこと言えねえけど・・)

社会不安障害克服するのも結構ですが、先ずは
それらを踏まえた上で、相談機関、医療機関、治療機関を使い分け、
上手に各期間を活用して頂くことが、本当の克服に繋がると思います。
本当の克服
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/02/25 04:54】 | PSW(精神保健福祉士)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック