FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
我がセラピスト・ハッチは、
毎回私の話を聞く。 50分間。

私は言いたいことを言う。

一人では過ごせないんだと。
この苦しみから解放されたいと。
死にたいんだと。
ハッチは最近、全然共感してくれないじゃないか!と。

この時間内では、
頭に思い浮かぶことは何を言ってもいい
その代わり時間厳守。
当日キャンセルは料金を支払う。
プライベートでは一切関わりを持たない。
それがルール。

ハッチは、そんな私の話にまさに 傾聴 する。
彼のパソコンを打つ音の速度で、
そのときの話の重要度が私に伝わる。
(寝椅子なので、ハッチの表情を私からは見られない)
勿論、くだらない話をしても構わない。

でも、ハッチは常に、私の苦しみ・訴えに対して
解決策 を与えてくれないことのほうが多い。

むしろ、私にに素朴な疑問を投げかけて来たり
示唆を与える言葉をくれる。



その、ハッチの深い言葉から、
私自身の深層、問題点が見えて来る。

その作業は、まるで 
もつれてもつれてもつれきっている糸を
いきなり引っ張るのではなく、
少しずつ、ゆっくりと、
一個一個のもつれをほどいていくような、
心の奥底につかえてる塊を、
ゆっくりと少しずつ溶かしていくような、
そんな優しい、けれど果てしなく根気の要る作業に思える。

そして、解決策は、私自身の中にあり、
ハッチは常にその 解決策 に至るまでの 糸のもつれを
決して急いで引っ張ることはしない。

硬くなった塊、細かいもつれ、沢山のもつれを、
一個、また一個とほどいて行く。 溶かして行く。
何年かかっても。

いきなり引っ張って、ちぎれることのないように、
いきなり入り込んで、壊れることのないように、
やたら、いじることはない。
クライアントが自ら気づくまで 待つ
というのは、口で言うほど、たやすいことではない。
(とか、他人事みたいに言ってる場合じゃねえけど~)


それでも
ハッチは、ずっと待っていてくれる。
見守っていてくれる。

まるで
春の花の花びらが
一枚一枚開くのを 見つめるように
待っていてくれる。


フリー画像・カクテルグラス







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/15 00:03】 | 精神療法
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック