FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ちいさい

ちいさい いのちたちが

戻って来るよ

夏の 宵





お前たちが

迷わないで

ちゃんと 戻って来られるように

お迎え火代わりの

アロマキャンドルに 火を点けたよ

線香を あげたよ






お前たちは 猫だけど

人間と 同じように

戻って来ると 思いたい





でも

そうだね

お前たちは

お星さまになったから

夜空いっぱい 広がってるね

お前たちは

土に帰ったから

大地いっぱい 広がってるね





お星さま なんて子供だましみたいなのに

お前たちの 愛苦しさが消えたなら

それは本当に

お星さまになった としか思えなくて





ちいさい 

ちいさい いのちたちが

おおきい

おおきい 宇宙になった

ちいさい

ちいさい いのちたちが

おおきい

おおきい 大地になった





ちいさい

ちいさい いのちたちが

いついつまでも 愛しいよ





ちいさい

ちいさい いのちたちが

戻って来るよ

夏の 宵


あの子たちのお墓

うちの子たちのお墓は、いちばん手前。
犬6頭、猫3匹が眠っています。
いつかは絹も、ここに入ります。






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/13 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック