FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
あなたの瞳の その奥に

どうか私を 住まわせて





そしたら私は

いつも

あなたの

思い出でいられるから





あなたが悲しいときは

涙になって

あなたを癒やしてあげられるから





あなたが嬉しいときは

拍動となって

一緒に高まってあげられるから




あなたの瞳の その奥に

どうか私を 住まわせて





そしたら私は

いつも

あなたの

思い出でいられるから




あの星のように

小さいけれど

それでも

あなたが目を閉じたとき

きらきら ひかる

思い出になりたいから




私はもう

過ぎ去った過去の産物でいい






ただ

思い出になれるなら

あなたの瞳の奥に

住めるなら

それだけで 十分なの





みんなに忘れ去られても

あなただけが

私を 思い出してくれるなら

それだけで十分なの






あなたの瞳の その奥に

どうか私を 住まわせて





そしたら私は

いつも

あなたの

思い出でいられるから


フリー画像・赤いグラス









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/03/17 00:48】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック