FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
冬の微かな風に

カレンダーの ひと月一枚

ふわりと浮いた





余りに軽い 

私のいのちと おんなじに


窓枠







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/01 00:04】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |

落ちてるね~
なごやん
元気出せナレイ。
昨夜の付き見たかい?
寒いベランダで煙草スパスパ吸いながら
泣き泣き見てたよ。

今夜からまた雪。東京もだね。
もうすぐ週末。

絹ちゃんも少し良いようだし
暖かくして、寝て過ごしなよ~。

Re: 落ちてるね~
ナレイ
> 元気出せナレイ。

そう言われても、出ない・・・・↓

月ねえ、
私ってひねくれてるから、テレビでやれ
皆既月食だ何だと言われると、意地でも見ない!
とか思う~

普段の月は、いつも見てるのに。

絹がちょっと良くなったから
バーンアウトっぽい。
けどあの子はそんなこと言ってると
またすぐ!具合悪くなるからな~

付き、じゃなく、月だった!
なごやん
皆既月食は4年振りで、次も4年後だそうで。
4年先まで今の状況のままで過ごせている
保証はありゃしない。貴女も私も絹ちゃんも。
明日の事さえ分からないのに。
だから、今を楽しむ、刹那。

月はねぇ、チビタくんを見送った時
3時間泣きながらベランダでチビタ抱いてたから
あれ以来、月を、スーパームーンを見ると
泣けるのよ、思い出して。

記憶の中のチビタくんと、今を生きてる
絹ちゃん、落ちてる場合じゃないかもよ~。

元気出せ、ナレイさん。

Re: 付き、じゃなく、月だった!
ナレイ
> 月はねぇ、チビタくんを見送った時
> 3時間泣きながらベランダでチビタ抱いてたから
> あれ以来、月を、スーパームーンを見ると
> 泣けるのよ、思い出して。
>

勿論、あのときなごやんさんからもらったコメント、
よく覚えているよ。
「スーパームーンの夜に」というタイトルだったね。
チビタちゃんを失った悲しみが、活字からも
ひしひしと伝わって来たから。

私もね、今は絹のことばかり書いているけど、
もう4年も前に亡くした3匹の子たちを
思い出さない日はなくて。

どんなに絹が可愛くても、
あの子たちと絹は、やっぱり違う。
それぞれの子たちに、それぞれへの思いがあって。

ときどき、無性に会いたくて会いたくて
霊とか信じないんだけど、
あの子たちが出て来てくれたらどんなに良いだろう
なんて思ったりする。

そうだね。
生きものは皆、明日のことはわからない。

だから落ちていられるときは
存分に落ちるの。

また、いつ
落ちているのに、辛いのに
そんな間もない時が訪れるか知れないから。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
落ちてるね~
元気出せナレイ。
昨夜の付き見たかい?
寒いベランダで煙草スパスパ吸いながら
泣き泣き見てたよ。

今夜からまた雪。東京もだね。
もうすぐ週末。

絹ちゃんも少し良いようだし
暖かくして、寝て過ごしなよ~。
2018/02/01(Thu) 11:12 | URL  | なごやん #-[ 編集]
Re: 落ちてるね~
> 元気出せナレイ。

そう言われても、出ない・・・・↓

月ねえ、
私ってひねくれてるから、テレビでやれ
皆既月食だ何だと言われると、意地でも見ない!
とか思う~

普段の月は、いつも見てるのに。

絹がちょっと良くなったから
バーンアウトっぽい。
けどあの子はそんなこと言ってると
またすぐ!具合悪くなるからな~
2018/02/01(Thu) 15:17 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
付き、じゃなく、月だった!
皆既月食は4年振りで、次も4年後だそうで。
4年先まで今の状況のままで過ごせている
保証はありゃしない。貴女も私も絹ちゃんも。
明日の事さえ分からないのに。
だから、今を楽しむ、刹那。

月はねぇ、チビタくんを見送った時
3時間泣きながらベランダでチビタ抱いてたから
あれ以来、月を、スーパームーンを見ると
泣けるのよ、思い出して。

記憶の中のチビタくんと、今を生きてる
絹ちゃん、落ちてる場合じゃないかもよ~。

元気出せ、ナレイさん。
2018/02/02(Fri) 02:36 | URL  | なごやん #-[ 編集]
Re: 付き、じゃなく、月だった!
> 月はねぇ、チビタくんを見送った時
> 3時間泣きながらベランダでチビタ抱いてたから
> あれ以来、月を、スーパームーンを見ると
> 泣けるのよ、思い出して。
>

勿論、あのときなごやんさんからもらったコメント、
よく覚えているよ。
「スーパームーンの夜に」というタイトルだったね。
チビタちゃんを失った悲しみが、活字からも
ひしひしと伝わって来たから。

私もね、今は絹のことばかり書いているけど、
もう4年も前に亡くした3匹の子たちを
思い出さない日はなくて。

どんなに絹が可愛くても、
あの子たちと絹は、やっぱり違う。
それぞれの子たちに、それぞれへの思いがあって。

ときどき、無性に会いたくて会いたくて
霊とか信じないんだけど、
あの子たちが出て来てくれたらどんなに良いだろう
なんて思ったりする。

そうだね。
生きものは皆、明日のことはわからない。

だから落ちていられるときは
存分に落ちるの。

また、いつ
落ちているのに、辛いのに
そんな間もない時が訪れるか知れないから。
2018/02/02(Fri) 08:21 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック