FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
最近ずっと、絹の体調がおもわしくなく
私は、心配し過ぎですっかり憔悴していました。

以前の記事にも書いたけれど
それは、絹のためではなく、
自分が心配を解消したいという、親のエゴです。


ある日、知人と話していて、
ふと以前セラピスト・ハッチに
言われた言葉を思い出しました。

ハッチは
「健康な人は、不安を不安のままにしておけるんだよ。
ナレイさんは、不安を何とか解消しようとするから
どんどんしんどくなるんだよ」

そんなことを言っていました。

これも以前の記事に書いたことですが、
確かに私は、というか、神経症者というのは、
不安をそのままにしておけない。
不安を必死で解消しようとして、無駄な努力を試みるんです。
でも、そんなことをすればするほど
却って不安は、際限なく増して行くものです。

絹のことで、心配し過ぎる自分というのは
まさにそれだと思い至りました。

絹は、今、多少お鼻がつまって苦しいかも知れないけど、
おそらく本人はそこそこげんきで、
気分良く過ごしているのだと思います。

そしてわかったんです。
だったらいいじゃん、べつにそんなに心配しなくても
そこそこげんきなんだし、すっぱりと割り切って
私はただ、自分にしてあげられることを、
粛々とやってりゃ良い。あとはそのままでいれば良い。

そう感じられると、
不思議と今までの心配過剰がなくなって
とっても楽になれました。

ああ、これか・・・・・
これが「不安を不安のままにしておけること」か・・
と、ハッチの言葉が、心底お腹に落ちて
ちゃんと感じられたんです。

絹に対しても、本当に、この子を思っているのではなく、
まさに親のエゴに過ぎないということも。

記事にはしたものの、以前の私は
理屈でしか、そのことをわかっていませんでした。

理屈ではなく、ちゃんとそのことを感じられると
本当に、楽になりました。

絹にとっても、このほうがずっと良い。
今まで、過保護な親の、心配過剰に、
絹もむしろ、迷惑だったろうと思います。


ダメな親です。
ごめんね、絹。迷惑だったよね。

でもこれからは、私はもう、ハラハラと心配しないから
好きにお風邪のままでいていいよ。

ただ、お前が本当に苦しいときだけ
奈美先生の病院に行こうね。


不安を不安のままにしておけること
これ、本当に楽です。

↓ これが、ずっと前に書いた記事
安定した心≠健康

きぬ携帯画像70ミッキーさん修正








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/25 00:03】 | 社会不安障害ってどんな病気?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック