FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
昔、観た映画やドラマや
歌った歌や、
そういうものって、

そのときにその映画やドラマを
一緒に見た人や
そのときの景色が、
思い出になって、いつも着いて来るんだよね。

だから私は
ついつい、昔の映画やドラマばかり
何度も何度も観てしまう。
「あの頃」に浸りたくて。


「ちいさい秋みつけた」という歌は

若い頃つきあってた彼が言ってた。

「この歌って1番ばっかり有名だけど
2番の歌詞がいいのにな」って。

私も同じことを思っていて、
「うん・・・2番、うつろなめのいろ のあとに 
とかしたミルク だよ。凄くいいよねえ・・・・」と言った。

彼と同じ感性を共有できることが、ただ嬉しくて。
彼は、とてもシャープな感性の持ち主だったから。

そんな些細なやり取りでも
思い出はいつも、着いて来る。


私の思い出は、そう・・・・もう17年前くらいで
止まってしまった。
時計の針が、そのときから動いていないから。

もう、新たな思い出は、作れない。


だから、自分がこんなに年齢を重ねても
今が2017年だと言われても、
全然ピンと来なくて、
1995年くらいのテレビの番組とか、映画とか、
その頃人気のあった役者とか歌手とかが出て来ると

ああ、これ2~3年前にやってたよな・・・なんて
本気で思ってしまう。

そしてずっと、そこに耽ってしまう。
そんな癖が、抜けなくて。





「ちいさい秋みつけた」

♪だれかさんが だれかさんが だれかさんが

みつけた

ちいさいあき ちいさいあき ちいさいあき

みつけた

おへやは きたむき くもりのガラス

うつろなめのいろ とかしたミルク


わずかなすきから あきのかぜ

ちいさいあき ちいさいあき ちいさいあき

みつけた♪


作詞:サトウハチロー
作曲:中田喜直










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/10/30 00:04】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック