FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
犬や猫と共に暮らしている皆さんは、
飼い主がいなくなったあとのペットの行く末まで
考えたことはありますか?


私は今、毎日毎日欠かすことなく
絹に、何種類もの薬を飲ませています。

絹にげんき でいてもらうためには
この沢山の薬を飲ませ続けるしかありません。

でも、これが私にとって無意識のうちに
大変な重圧となっているらしく、
重たい荷物が背中に重くのしかかっているようで
絹の爪を切る気力もなくなっていました。

私は死ねない・事故にも遭えない・けれど生きものは皆、
明日どうなるかはわからない、

自分が死んだあと、或いは何らかの病気で
長期入院が必要となったとき、
自分が、余命幾ばくもないとわかったときなど、
この子は一体どうなるんだろう・・・・・
という不安が、私には常にありました。

いろいろ検索してみました。
自分がいなくなったあと、ペットの面倒を見てくれる
老猫ホームはありましたが、
膨大な金額で、私にはとても手が出ません。


昨日、絹を病院に連れて行ったとき
先生にそのことを相談した所、
先生の病院で引き取ってくださる・・・!
と言って頂けました。
(私はその昔、今で言う、動物看護士で、
動物病院勤務でした。
なので敢えて申し上げておきますが、
何でもかんでも動物病院に持ち込めばいい
という、安易な発想はどうかなさらぬようにお願いします)


でも、先生のその言葉だけでも、
私の背中に重くのしかかっていた荷物が
軽くなり、心から先生に感謝しました。


私は、絹が病弱だったことで、改めて
犬や猫を飼うということがどういうことなのか、
学んだ気がします。

自分が死んだあとのペットの引き取り手まで決めておく
ここまでちゃんと考えた上で「飼う」と言えるのだと。

何種類もの薬が必要な絹には、かなりのお金もかかります。

私には、幸いなことに僅かですが、
「何かよほどのことがあったとき以外絶対に手をつけない」
と決めていた貯えがありました。
そのお金をおろし、絹のための別口座を作って
それを絹の治療費に充てています。


勿論、ペットは終生、
愛情と責任を持って、飼い主が最期まで看取る
これが基本ですが、

お互い生身である以上、明日どうなるかはわかりません。

なので、自分が死んだあとのことまで考え
そこまでの覚悟を持って初めて、
犬や猫と共に暮らす資格があるのだと思えます。

私にとって、犬や猫を引き取る、里親になるということは
人間の子の養子縁組と、ほぼ同じ感覚です。

シェルターから、当時4歳の絹を引き取ると決め、
いろいろな手続きを済ませ、
絹をキャリーに入れて帰るとき、
スタッフの皆さんがお見送りをしてくださいました。

そのとき、私はこう言いました。
「はい!これで今日からこの子はうちの子になりました。
絹 と名づけます。
4年間、本当にお世話になりました。
終生、愛情と責任を持って育てます」と。


それでも、自分がいなくなったあとのことまで
きちんと考えておくことが、
引き取った子への責任なのだと実感しました。


愛しているからこそ、
絹は、我が子だからこそ、
そこまで考えておくべきなのだと。


きぬ携帯画像89あかちゃ~~ん


私がとやかく言えることではありませんが、
個人的には、高いお金を出して、
わざわざ犬や猫を「買う」人の気持ちがわかりません。
不幸ないのちが、これだけ溢れているのに
少なくとも犬好き、猫好きと言うのなら、
そのことを考えることはないのだろうかと思えてなりません。





ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/10/26 00:04】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |

すごいわナレイさん
なごやん
私も犬猫飼うのにペットショップに
行く人の気が知れない。激しく同感です。

父亡きあと、後を追うように父が
可愛がってた飼ってた犬2頭が相次いで死に
落ち込んでた母に『母さんに何かあったら
私が面倒見るから』と言って実家で飼ってる
犬はあと2日で殺処分される寸前の子です。
母はこの子に救われました。
寒くなったこの時期でも毎朝5時半起きで
散歩に行き、ラジオ体操して健康です。
(この時間に私はまだ起きているのに)

でも、6月に亡くした猫を飼う時、私は
そこまで考えてもいなかった。ただその晩
もう一夜、外で過ごしたらこの子猫は死ぬと
いうことだけは分かってた。
結局、それ以降19年を諸国で暮らしながら
共に生きられて、今は感謝しかない。

日本に帰国して10数年乗ってた車を
明日手放す。年式見たらH10年式でした。
猫と同じ年数…何だかなぁ。
車内片づけてたら、父の吸ってた煙草の
袋が出て来て号泣、愛猫の最後の通院時
寝かせてた小さな枕が出て来て大号泣。
全然はかどらねぇ~!


Re: すごいわナレイさん
ナレイ
なごやんさん

コメント、ありがとうございます。

いやあ、私も確かまだ高校生のときだったと思うけど
まだ野良犬がいた時代で、
偶然、保健所の職員が野良犬だった子を捕獲する現場に遭遇しました。
凄まじいんですよ。ワイヤーで首を絞めつけて思い切り引っ張り上げる・・・
職員さんも自分が噛まれたら困るから仕方ないんでしょうけど。
その時は私も、咄嗟に「ちょとやめて!連れてくなら私飼います」
と言いました。
その時はもうすでに3頭の犬と暮らしてたんですが。

ただ、まだ当時は両親も若かったし、一瞬「飼えるの?4頭になるのよ!」
とかいろんなことが頭を巡ったけれど、結局引き取りました。

なごやんさんの犬も、あと二日で殺処分だったのね。
良かったねえ・・・幸せに暮らすことができて。
何なのかなあ・・・・といつも思います。
ぎりぎりの所で明暗分かれてしまうことってあるんですよね。

私は、今はもう両親も亡くなって、独身だから、一人。

一人になると、やはり猫を飼うにも
非常にいろんなことを考えて、覚悟を決めてからでないと、
物理的にも精神的にも、何かあったときに困るのですよ。

あとは、そうですねえ・・・・。

私は、犬や猫を、可愛い愛しい以上に、がちで尊敬していますから。

やつらは人間と同じように
寂しい、悲しい、ひもじい、寒い
そういう感情を持っていながら、
誰かを恨んだり、憎んだりという感情のほうは
一切持ちません。

どんなに辛くても自殺もしません。
どんな状況にあっても、ただ「生きる」
それしかない、やつらは、
人間よりずっと上を行ってるじゃないかと思えるのです。

殺処分
なごやん
そうですね。自殺も鬱も死期も何も関係なく
ただ生きる。心の臓が動きを止めるまで。
こんな崇高な生き方、どんな人間でも無理。

それと私がいちばん嫌いな言葉『殺処分』
fuck安倍でさえ、役に立たない高齢者を
始末したいと思ってても精々『安楽死』で
殺処分とは言わない。殺処分って何?
どんな生き物であれ、死ぬ為に生まれて
来た命なんか、この世には無いはず。

そうは思ってもすべての生き物の命を
救うことはできない。生と死の境は紙一重。
絹ちゃんも母の犬クロ、又の名を黒兵衛
或いはクローディアもギリギリの所で
終生の友と出会えた。安っぽい歌詞みたい
だけど、まさに「出会えた奇跡」ですね。

ナレイさんはかって動物看護士さんでもあり、
今は精神医療に関わっているお仕事されて
いるのですか!マジで頭いい!ビビるわ。

それと以前からお聞きしたかったのですが
ポチを押す方法、クリックするとブログ
一覧が出て来るけど、どうすれば良いの?
SNS素人でサーセンがやり方教えてください。

Re: 殺処分
ナレイ
なごやんさん
リコメント、ありがとうございます。

まあそうねー
安倍さんの本音なんて、
「生産性のない人間の10万や20万殺処分したい」
って所でしょう。
その中には私も入っているけど、べつにいいわーー
喜んで殺処分されます、ってカンジ?


あーーぽちね、
ああいうの、他の人のブログでも見るでしょう?
にほんブログ村って書いてるの、あれをバナーというんだけど
あれはブログ管理者ーつまり私ーが

あのバナーをクリックしてもらうとアクセス数やポイントになるので
なごやんさんは、ただ例えば「この記事いいなあ」と思ってくれたら
押してくださればいいのよ。

何もしなくてええんです。
押して下されば「ありがとう」と言うものです。

了解です!
なごやん
よーやく、ポチの仕組みが理解できました。
ありがとうございます。
ブログを読んだのは、猫の清拭でここに
辿り着いて、初めてなので、普段
他の人のブログを読むこと自体、ないのです。

私もナレイさん同様、新たに生き物を
飼うことを逡巡してしまう。
子供も居ず、近隣には老いた母が居る。
妹も一人で東京暮らし。
親を看取った後、犬引取り、更に猫も飼って
自分に何かあったら、孤独死&遺体
齧られまくり…。
犬猫に食われるんなら本望だけど
私を食べつくした後の子たちが可愛そう。

いよいよ自分がダメそうになったら
託す相手がいたら、そりゃ幸せですね。
でも自分より若くて信頼できる人物…
全っ然、思い付かないわ。

通称クロは母は本名クローディアと言い
私は本名黒兵衛と言っているの。
多分、近所の笑い者になってる悪寒。


Re: 了解です!
ナレイ
なごやんさん

そうだったのか。
ブログを読むのは初めてだったのですね。

どこにも参加していない人もいるけど、
大抵の方は、やはり自分のランキングを少しでも上げようと
にほんブログ村や、人気ブログランキングなどのバナーを貼っていて
「応援ぽち、よろしくお願いします」とか書いてます。

私はまあ、やってることは同じだけど、
「応援よろしくお願いします」というのはおかしいよな・・・
応援とは、そもそもこちらから強制するものではなく、
何事かを自分が懸命にやっていることに対して、
相手が「応援してます」と言うものでしょ?

だから私は「ぽちで救われる私がいます」
と書いてます。

イチローが、いつだったか
「僕は、応援よろしくお願いしますとは絶対に言いません」
と言っているのを聞いて、一緒やーーん!と思ったもんです。
アスリートたちもみんな言うでしょう?
「応援よろしくお願いします」て。

でもやってることは同じです。結局。
さーせん!



追伸
ナレイ
私は現在54才、来月で55才になります。

私も孤独です。
が、猫と暮らすのは絹が、最期です。

絹は私の娘。愛しています。

体の弱い絹から、沢山学ぶことはあったけれど
いつも一人で心配し、毎日薬を飲ませ、何かあればすぐに病院へ。
一人きりでそれらを対処する重圧は、かなりのものがあります。


2011年生まれの絹は現在6才。
絹が凄く長生きして、20才まで生きたとして、あと12年。
そのとき私は、67才。
もう打ち止めにしなければ、
次の子の最期は、看取れないかも知れないので。



幸せな絹ちゃん
なごやん
私も今はチビタのことしか考えられず、毎晩
ベットサイドの写真を見ては泣き寝入りの
日々ですが、やはり寂しい。
躊躇いはあるけれど、消えそうな命に接すれば
考えも無く、飼うかも知れません。

絹ちゃんは4年も保護施設にいて、娘とまで
言ってくれるナレイさんに巡り合えた。
強運で幸せな子ですね。
事故による後遺障害があったり、持病ありで
要通院の成猫の引取り手は、ほぼ皆無です。
私も猫の保護活動をしてるので、そういった
ことは、よく知っています。
本当はすぐにでも貰い手が見つかる子猫より
長く苦労してきた子にこそ、安住の地を
見つけてあげたいのが本音ですが、それは
なかなか難しい。色々ジレンマがあります。



Re: 幸せな絹ちゃん
ナレイ
なごやんさん

コメント、ありがとう。

そうなの。
私には沢山の不幸ないのちを救うだけの力はない。
だからせめても、と、
どんどん引き取られてく子猫ではなく、成猫を、と思ってね
絹を引き取ったの。

成猫から飼うと、それまでの環境から
今の環境に慣れるまでが長かったり
爪切りなんてされたことがないから、
未だに爪を切るときは、野生のネコ科に戻って猛り狂うけど
本気噛みされて血だらけになっても爪だけは切ってます。

絹が本当に幸せかどうかはわからないけど
「あの目では、多分貰い手はつかなかっただろうから
絹ちゃんは幸せね」と言ってくれる友達とかがいる。
なんで?あの目がいいのに~~~綺麗~なブルーアイなんかより
あのヘンなめめがかわよいのに~~~と、わたし的には思えますわー 


私もそうよ。
もう4年も前に亡くした3匹のうち、溺愛してたちち子を思うと
もう一度、1時間でいい!会いたくて会いたくて会いたくて
抱っこしたくてあの子の匂いを嗅ぎたくて仕方ないときがあるの。

確かリンクに貼ってある。
「亡き骸」だったかな、タイトルは。
気が向いたら読んでみてね。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
すごいわナレイさん
私も犬猫飼うのにペットショップに
行く人の気が知れない。激しく同感です。

父亡きあと、後を追うように父が
可愛がってた飼ってた犬2頭が相次いで死に
落ち込んでた母に『母さんに何かあったら
私が面倒見るから』と言って実家で飼ってる
犬はあと2日で殺処分される寸前の子です。
母はこの子に救われました。
寒くなったこの時期でも毎朝5時半起きで
散歩に行き、ラジオ体操して健康です。
(この時間に私はまだ起きているのに)

でも、6月に亡くした猫を飼う時、私は
そこまで考えてもいなかった。ただその晩
もう一夜、外で過ごしたらこの子猫は死ぬと
いうことだけは分かってた。
結局、それ以降19年を諸国で暮らしながら
共に生きられて、今は感謝しかない。

日本に帰国して10数年乗ってた車を
明日手放す。年式見たらH10年式でした。
猫と同じ年数…何だかなぁ。
車内片づけてたら、父の吸ってた煙草の
袋が出て来て号泣、愛猫の最後の通院時
寝かせてた小さな枕が出て来て大号泣。
全然はかどらねぇ~!
2017/10/26(Thu) 05:44 | URL  | なごやん #-[ 編集]
Re: すごいわナレイさん
なごやんさん

コメント、ありがとうございます。

いやあ、私も確かまだ高校生のときだったと思うけど
まだ野良犬がいた時代で、
偶然、保健所の職員が野良犬だった子を捕獲する現場に遭遇しました。
凄まじいんですよ。ワイヤーで首を絞めつけて思い切り引っ張り上げる・・・
職員さんも自分が噛まれたら困るから仕方ないんでしょうけど。
その時は私も、咄嗟に「ちょとやめて!連れてくなら私飼います」
と言いました。
その時はもうすでに3頭の犬と暮らしてたんですが。

ただ、まだ当時は両親も若かったし、一瞬「飼えるの?4頭になるのよ!」
とかいろんなことが頭を巡ったけれど、結局引き取りました。

なごやんさんの犬も、あと二日で殺処分だったのね。
良かったねえ・・・幸せに暮らすことができて。
何なのかなあ・・・・といつも思います。
ぎりぎりの所で明暗分かれてしまうことってあるんですよね。

私は、今はもう両親も亡くなって、独身だから、一人。

一人になると、やはり猫を飼うにも
非常にいろんなことを考えて、覚悟を決めてからでないと、
物理的にも精神的にも、何かあったときに困るのですよ。

あとは、そうですねえ・・・・。

私は、犬や猫を、可愛い愛しい以上に、がちで尊敬していますから。

やつらは人間と同じように
寂しい、悲しい、ひもじい、寒い
そういう感情を持っていながら、
誰かを恨んだり、憎んだりという感情のほうは
一切持ちません。

どんなに辛くても自殺もしません。
どんな状況にあっても、ただ「生きる」
それしかない、やつらは、
人間よりずっと上を行ってるじゃないかと思えるのです。
2017/10/26(Thu) 13:03 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
殺処分
そうですね。自殺も鬱も死期も何も関係なく
ただ生きる。心の臓が動きを止めるまで。
こんな崇高な生き方、どんな人間でも無理。

それと私がいちばん嫌いな言葉『殺処分』
fuck安倍でさえ、役に立たない高齢者を
始末したいと思ってても精々『安楽死』で
殺処分とは言わない。殺処分って何?
どんな生き物であれ、死ぬ為に生まれて
来た命なんか、この世には無いはず。

そうは思ってもすべての生き物の命を
救うことはできない。生と死の境は紙一重。
絹ちゃんも母の犬クロ、又の名を黒兵衛
或いはクローディアもギリギリの所で
終生の友と出会えた。安っぽい歌詞みたい
だけど、まさに「出会えた奇跡」ですね。

ナレイさんはかって動物看護士さんでもあり、
今は精神医療に関わっているお仕事されて
いるのですか!マジで頭いい!ビビるわ。

それと以前からお聞きしたかったのですが
ポチを押す方法、クリックするとブログ
一覧が出て来るけど、どうすれば良いの?
SNS素人でサーセンがやり方教えてください。
2017/10/27(Fri) 01:38 | URL  | なごやん #-[ 編集]
Re: 殺処分
なごやんさん
リコメント、ありがとうございます。

まあそうねー
安倍さんの本音なんて、
「生産性のない人間の10万や20万殺処分したい」
って所でしょう。
その中には私も入っているけど、べつにいいわーー
喜んで殺処分されます、ってカンジ?


あーーぽちね、
ああいうの、他の人のブログでも見るでしょう?
にほんブログ村って書いてるの、あれをバナーというんだけど
あれはブログ管理者ーつまり私ーが

あのバナーをクリックしてもらうとアクセス数やポイントになるので
なごやんさんは、ただ例えば「この記事いいなあ」と思ってくれたら
押してくださればいいのよ。

何もしなくてええんです。
押して下されば「ありがとう」と言うものです。
2017/10/27(Fri) 10:55 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
了解です!
よーやく、ポチの仕組みが理解できました。
ありがとうございます。
ブログを読んだのは、猫の清拭でここに
辿り着いて、初めてなので、普段
他の人のブログを読むこと自体、ないのです。

私もナレイさん同様、新たに生き物を
飼うことを逡巡してしまう。
子供も居ず、近隣には老いた母が居る。
妹も一人で東京暮らし。
親を看取った後、犬引取り、更に猫も飼って
自分に何かあったら、孤独死&遺体
齧られまくり…。
犬猫に食われるんなら本望だけど
私を食べつくした後の子たちが可愛そう。

いよいよ自分がダメそうになったら
託す相手がいたら、そりゃ幸せですね。
でも自分より若くて信頼できる人物…
全っ然、思い付かないわ。

通称クロは母は本名クローディアと言い
私は本名黒兵衛と言っているの。
多分、近所の笑い者になってる悪寒。
2017/10/28(Sat) 03:49 | URL  | なごやん #-[ 編集]
Re: 了解です!
なごやんさん

そうだったのか。
ブログを読むのは初めてだったのですね。

どこにも参加していない人もいるけど、
大抵の方は、やはり自分のランキングを少しでも上げようと
にほんブログ村や、人気ブログランキングなどのバナーを貼っていて
「応援ぽち、よろしくお願いします」とか書いてます。

私はまあ、やってることは同じだけど、
「応援よろしくお願いします」というのはおかしいよな・・・
応援とは、そもそもこちらから強制するものではなく、
何事かを自分が懸命にやっていることに対して、
相手が「応援してます」と言うものでしょ?

だから私は「ぽちで救われる私がいます」
と書いてます。

イチローが、いつだったか
「僕は、応援よろしくお願いしますとは絶対に言いません」
と言っているのを聞いて、一緒やーーん!と思ったもんです。
アスリートたちもみんな言うでしょう?
「応援よろしくお願いします」て。

でもやってることは同じです。結局。
さーせん!

2017/10/28(Sat) 07:43 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
追伸
私は現在54才、来月で55才になります。

私も孤独です。
が、猫と暮らすのは絹が、最期です。

絹は私の娘。愛しています。

体の弱い絹から、沢山学ぶことはあったけれど
いつも一人で心配し、毎日薬を飲ませ、何かあればすぐに病院へ。
一人きりでそれらを対処する重圧は、かなりのものがあります。


2011年生まれの絹は現在6才。
絹が凄く長生きして、20才まで生きたとして、あと12年。
そのとき私は、67才。
もう打ち止めにしなければ、
次の子の最期は、看取れないかも知れないので。

2017/10/28(Sat) 07:51 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
幸せな絹ちゃん
私も今はチビタのことしか考えられず、毎晩
ベットサイドの写真を見ては泣き寝入りの
日々ですが、やはり寂しい。
躊躇いはあるけれど、消えそうな命に接すれば
考えも無く、飼うかも知れません。

絹ちゃんは4年も保護施設にいて、娘とまで
言ってくれるナレイさんに巡り合えた。
強運で幸せな子ですね。
事故による後遺障害があったり、持病ありで
要通院の成猫の引取り手は、ほぼ皆無です。
私も猫の保護活動をしてるので、そういった
ことは、よく知っています。
本当はすぐにでも貰い手が見つかる子猫より
長く苦労してきた子にこそ、安住の地を
見つけてあげたいのが本音ですが、それは
なかなか難しい。色々ジレンマがあります。

2017/10/29(Sun) 12:47 | URL  | なごやん #-[ 編集]
Re: 幸せな絹ちゃん
なごやんさん

コメント、ありがとう。

そうなの。
私には沢山の不幸ないのちを救うだけの力はない。
だからせめても、と、
どんどん引き取られてく子猫ではなく、成猫を、と思ってね
絹を引き取ったの。

成猫から飼うと、それまでの環境から
今の環境に慣れるまでが長かったり
爪切りなんてされたことがないから、
未だに爪を切るときは、野生のネコ科に戻って猛り狂うけど
本気噛みされて血だらけになっても爪だけは切ってます。

絹が本当に幸せかどうかはわからないけど
「あの目では、多分貰い手はつかなかっただろうから
絹ちゃんは幸せね」と言ってくれる友達とかがいる。
なんで?あの目がいいのに~~~綺麗~なブルーアイなんかより
あのヘンなめめがかわよいのに~~~と、わたし的には思えますわー 


私もそうよ。
もう4年も前に亡くした3匹のうち、溺愛してたちち子を思うと
もう一度、1時間でいい!会いたくて会いたくて会いたくて
抱っこしたくてあの子の匂いを嗅ぎたくて仕方ないときがあるの。

確かリンクに貼ってある。
「亡き骸」だったかな、タイトルは。
気が向いたら読んでみてね。


2017/10/29(Sun) 15:40 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック