FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
1980年からオンエアされていた、
カネボウヒューマンスペシャルという実話に基づいたドラマ。

↓これ。ちょっと長いけど。
小児病棟

私はこの「小児病棟」が好きで、何度でも観たかったのだけれど
これは、ビデオにもDVDにもなっていない。

で、ちょとビックリしたのは、ウィキを何気に見ていたら
この「小児病棟」について

【第1回「女性ヒューマン・ドキュメンタリー」
大賞優秀賞受賞作品のテレビドラマ化。
1980年の関東地区における
長時間スペシャルドラマの視聴率年間第1位を記録した。
看護師のモモ子が、病気や障がいをもった乳幼児の看護に奮闘しながら、
次第に子どもたちと心を通わせていく。】

そう書かれていたこと。

なに?なんで誤魔化すの?
全く!そんな内容ではないのに。

「子どもたち」?いいや。
主役は桃井かおり扮するナースと、奇形の赤ん坊だけ だよ。

何でも自粛しないで。
過去に、こういう事実があったと知ることは必要でしょ?

私は好きだった。あの「小児病棟」。

凄まじい隠蔽体質・・・・・・・。
だからドラマなんてどんどんつまらないモノになって行くんだよ。
役者も、今どきの役者たちって顔だけで、
演技へったくそだしね。

観たいなあ・・・・また、小児病棟。

いちばん印象的だったのは、
桃井扮するナースが、タロウを病院から連れ出して
夜の公園に行き、
「タロウちゃんは、病院には帰りたくないでしょう?」と言って
窒息死させようと、思い切りタロウの体を抱きしめるシーン。

市原悦子扮する婦長に見つかって止められて。

こういう良いドラマは、自粛せず、どんどん公開しろよ。
誤魔化すな。

DVDも何もないから、私はもう30年以上前の 記憶 だけを頼りに
あらすじとかそれに対する思いとか、を書いてるんだぞ!!!

DVDにしてくれよっ!!!









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/10/08 00:42】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック