FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
絹の げんき

ずっと げんき

だいじな げんき





かわりやすい

なつぞらに

げんきという

はれのひが

つづいてくれますようにと 

いのる






はじける

あさのひざしみたいに

絹が

ぴょん!と

とんでくる

のどを ぐるぐる

ならしつづける

私にキスを してくれる





きぶんがよいの

きぶんがよいの

よかったね

よかったね

うれしいね

うれしいね





この げんきを

私は めでる

この げんきを

だいじに だいじに

私は まもる





絹の げんき

ずっと げんき

だいじな げんき


きぬ携帯画像51げんきちゃん

お陰様で、絹はすっかりげんきになって
その時間が、ずっと続いてくれています。
もう一ケ月近く、病院にも行っていません。
他の子には当たり前のことでも、
こんなに元気が続いてくれることは
私と絹にとっては特別です。

一時期は3.2キロ台まで落ちてしまった体重も
今は、まさかの3.7キロ!まで増えました。

本人も気分が良いのでしょう。
しきりにのどを鳴らして私に甘えたり
絹の方から「ちゅーしよう」みたいに
ちゅーをしてくれたり!と
クールだったこの子には考えられなかったこと。

元気でいてくれさえすればいい。
私の願いはそれだけです。

うちは狭いし、「子供部屋」なんてないので
居間のラグをピンクにしました。絹のおうちですからね、ここは。
例によってきちゃない背景に、あっ・・・!ビリー隊長のディスクが・・・・
やけに映えて、見えてます~~~^^;








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/08/12 00:04】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック