FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
「わたし」が ここに

いられるのは

「あなた」が ここに

いてくれるから




もしも「あなた」が

いなくなったら

「わたし」は 

「わたし」でいられずに

消えて なくなってしまう




そんな 

一人立ちできない私を

あなたは いつも

見守ってくれる





暖かな 風が

この髪を 揺らすように

朝 一枚一枚

静かに 開く

花の 花びらのように

あなたは 私を

見守ってくれる






広い広い視野から

些末な 私を 

決して

とりこぼさずにいてくれる





そんな あなたの視線は

まるで

街中を 染める

夕陽のように

優しい




まるで

アリアの調べのように

優しい




フリー画像・夕陽








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/08/10 00:04】 | 深層心理
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック