FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私がもし、平均寿命まで生きてしまったら
あとどれだけのお金がかかるのか、
ちょっとざっと、計算してみた。

ら、

ななせんまん以上!


とてもとても、私はそんなに稼げない。
病気持ちだから、週5で働くことは無理だし。
私は、松居一代じゃないし。

しかし今の世の中、お金が全て。

いやあ・・・これはもう
精神科的に「生きるのが辛いから」とか
そういう問題じゃなくて、
絹を見送ったら、さっさと死なないと、と思う。

・・・・・そんな風に思わせる社会って、どうなの?

長生きしても、生活に困るだけの社会なわりに、

なに?「健康増進法」て・・・・・・。
わたしゃこれ聞いたとき、とうとう国中が
健康中毒、ヘルシー・ジャンキーじゃん・・・と思ったね。
禁煙ファシズムにつづき、とうとう健康も「ファシズム」になったか・・・

「国民が生涯にわたって自らの健康状態を自覚するとともに
健康の増進に努めなければならない」????は?
すいませ~ん。私の体 なんですけど、これ。
自己責任でしょう?
それをなんで国に「強制」されねばならんの?

つまり、医療費を削りたい訳でしょう?
だったらストレートにそう言えよ。
なんでわたし個人の「健康増進」を国民の「義務」
にされなあかんの?
ほっとけよ!
元々体は健康なんだから、うっせんだよっ!
健康健康言われると、どんどん不健康になるよな気がするんですけど?

ほんと!昔っからさいあくな体質の厚労省にムカつくわ~

もう日本は「三大義務」じゃなくて「四大義務」だわね。
教育の義務・勤労の義務・納税の義務・健康増進の義務ってことじゃん。
ひとの体のことを「強制」すんな!っての。
「健康寿命を延ばす」だ?これ以上高齢化社会になってどーすんの?

むしろ世の中の多くが、もう健康依存症という「病気」だから
昔よりどんどん弱くなってんじゃん。
前にも書いたけどさ、
昔は、炎天下に1時間立たされてて、「こまめな水分補給を!」
なんて言わなくても、熱中症 なんて病気はなかったよ。

土や緑が、現代よりも沢山あったから、
気温も今みたいに上がらなかったのよ。

花粉症 だってそう。
私は、子供の頃からアレルギー性鼻炎だった。
学校でもくしゃみ鼻水止まらなくて涙目になっていると
みんなに言われた。

「どしたの?風邪?」
「風邪じゃないよ。アレルギーなの」
「え?なにそれ・・・なんで泣いてるの?」
「泣いてるんじゃなくてぇ、何十回もくしゃみしてると
こうなっちゃうのよ」
「ええ?だって泣いてるじゃない・・・?」

このやり取りを、何百回繰り返し何百回説明したことか・・・・!


とにかく、絹を見送ったら
さっさと死なないと。
健康で生きるだけでも、膨大なお金がかかるんだから。

嫌な社会だね、本当に。
東京オリンピックも、ハタ迷惑なだけ!
とにかく私にはもう合わん!
どこもかしこも何の風情もない、
おんなじように整備された街並み・・・・。


とっととおいとまするに限る。

「健康を強いられることに疲れました・・・・。
先立つ不孝を、お許しください。

ナレイ 絶筆」










ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ


にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/26 00:04】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック