FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文


片目の天使

お前に 見せてあげたい

お前の頭上に

広がる空を

青い海を








片目の天使

お前に 聞かせてあげたい

小鳥のさえずりを

やわらかな 風の音を

木々が揺れる音を

人々のおしゃべりを 







片目の天使

お前に 知らせてあげたい

季節が うつろうことを

お日さまが 昇ることを

雲が 流れることを





世界は お前の前に

限りなく

広がっていることを





広い広い 世界の中で

お前は 

余りにも小さいけれど

その小さなお前の いのちが

この世界の中で

きらめきを 放っていることを







片目の天使

狭い狭い 世界しか

知らなかったお前が

生まれて初めての 風や

ひとに 触れて

よく開かない その片目を

精一杯 開けて

生き生きと 輝かせている





だから

私はもっと

見せてあげたい

触れさせてあげたい

教えてあげたい

たとえ この小さな部屋からでも

世界の一端を

世界は

お前の味方なのだということを


きぬ携帯画像36夜中にふざけて

可愛く撮れているのに、私はどーーーしてこうも
ブレブレ~~~にしか撮れへんのん?(泣







ぽちで救われる私がいます 




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/03/30 00:04】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック