FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文


片目の天使

溢れる

お前への思いは

どんな言葉にも

当てはまらない






「愛してる」

「愛おしい」

「可愛い」

そんな言葉たちだけでは

到底 足りない感情が

潮の満ち引きのように

私の中で 息をしている







片目の天使

私は

お前の前で

海になりたい





柔らかく 真白な毛色の

お前の背から 尻尾まで

海になって

何度も何度も 

寄せては返す 波のように

ずっと そっと

撫でていたい







片目の天使

私は

お前の前で

空の青になりたい





お前が 凍えないように

空の青になって

思い切り 広がって

その 小さな体を

ずっと そっと

暖めたい





穏やかな海になって

晴れやかな空になって

お前を ずっと

抱いていたい







片目の天使

この

溢れる思いが

決してお前の 邪魔にならぬよう

お前の前では

海でありたい

空でありたい



きぬ携帯画像14きもちいいね~

こうやって寝入ってるときは、きぶんがよいときです。
ホットカーペットがあったくて。
うれしいね。きもちよくなってよかったね。

今日はまた病院に行きます。
この よいきぶん を保つためのおくすりをもらって
せんせいにもみてもらわないとね。








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/02/01 00:04】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック