FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
若い頃

随分長く

つきあっていた彼と

よく一緒に

犬の散歩に行った





うんこを拾う 私を見ながら

彼は 言った

「世の中なんて

犬のうんこ踏んじゃったあ~やだあ・・・!

くらいのほうが

ずっといいんだけどな」と





あの頃の

私の闇空に ひとつ

いつも 光を放つ

そんな感性の 持ち主だった









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/01/29 00:04】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック