FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文


片目の天使

白く濁った瞳に

お前の澄んだ心が

見える




お前たちケモノは

どんなに 寒くても

どんなに 痛くても

どんなに ひもじくても

ただ 生きる




生きるだけ の

その澄んだ心が

私の 汚れた心を

洗い流してくれる






片目の天使

お前を愛すれば 愛するほど

私の心に

忘れ果てたはずの

人間らしさの結晶が

雪のように

きらきら きらきら

降り積もる





お前が痛いなら

その痛みを

和らげてあげる

お前が寒いなら

この肌で

暖めてあげる




それが

ただ生きる お前にできる

たったひとつのことだから


きぬの瞳2


絹の具合が悪くなってから
心配し続けて、不安に苛まれて、
なのに
前よりもっと、この子が愛しく思えます。

もうこの目!が、たまらにゃくかわよいんです~~

絹が だいすき過ぎて、猫ブログでもないのに
毎日記事にしてまうわたしをゆるして~~~~

今日で暫くやめるからっ!ね?
(・・・て誰にゆうとん?)








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/12/24 00:00】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック