FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
たべる

あそぶ

ねむる





当たり前だったことが

当たり前じゃなくなると





たべる

あそぶ

ねむる





そんな 当たり前のことが

この胸に

そっと抱きしめるほど

大事で

愛しくて

たまらないものになる


きぬ携帯画像おひるね


きぬ縮小版27


最近毎日、絹ネタばっかでさーせん。
どうしても、心配で、ついつい書きたくなってしまって・・・
私には、猫好きな友達というのが殆どいないので
この不安を聞いてもらえないんです。
なので、ここに記事としてアップすることで
不安や心配を何とか和らげようとしてます・・・。

絹の風邪はだいぶ良くなって来ました。
げんき!元気!ではありますが、
やっぱり食べる量は少なめです。

元気になっても絹には死ぬまで、一生、毎日
2種類の飲み薬とヒアルロン酸の点眼をしなくてはならない・・・
いやあ・・・・正直ちょっと気が遠くなることもあります。
が、それでも、元気でずっと生きていて・・・!
と、願うような心配な日々の年の瀬です。

年末の忙しさなんて私には大してないけど
最低限の所用はあります。
でも、動物病院の先生と話すだけでも、私自身が安心するし、
何よりちょっと診てもらうだけで
先生には、絹を今後どうするかがすぐにわかるので
年内にもう一度、連れて行きます。








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2016/12/23 00:04】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |


sado jo
多分、猫には自分が普通ではないと言う感覚はなく、自分が自分だと言う認識もないと思います。
ただ本能に従って、その日その日を精一杯生きているんじゃないでしょうか?
でも人間には自意識があり、つい周りと比べてしまいます。それが人の不幸の源なんでしょうね。

Re: sado joさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

そう。
>猫には自分が普通ではないと言う感覚はなく、
>自分が自分だと言う認識もないと思います。
その通り。

「どーせ、わたしにはこんなしょうがいがあるから・・・」
なんて意識は全くないし、
「自分」という意識もないです。

彼らはただ「生きる」。
どんなに痛くても、ひもじくても寒くても「生きる」。
これしかないの。

人間のほうがずーっと愚かね。

だけど、絹が痛いなら、その痛みはとってあげたいと思うし、
もっと食べてくれたら・・・と心配でたまらなくてね・・・。

私は、むしろ絹の片目の しよがい はかわいい。
ほんとにかわいい目をしてるの。
結膜炎は、今の先生に変わってから劇的に良くなって
安心したのも束の間、

口内炎のほうは痛いらしくて。
全ては、いわゆる「猫風邪」の症状なんだけど、
絹の場合、難治性の口内炎みたいね。

だから、
猫風邪なんか持っていなければ・・・
と、どうしても思ってしまう・・・。

絹がただ「生きる」のなら
痛みや苦しみくらいは和らげてあげたい。
そのくらいしか、人間にできることはないからね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
多分、猫には自分が普通ではないと言う感覚はなく、自分が自分だと言う認識もないと思います。
ただ本能に従って、その日その日を精一杯生きているんじゃないでしょうか?
でも人間には自意識があり、つい周りと比べてしまいます。それが人の不幸の源なんでしょうね。
2016/12/23(Fri) 17:29 | URL  | sado jo #V8uOUIPU[ 編集]
Re: sado joさん
コメント、ありがとう。

そう。
>猫には自分が普通ではないと言う感覚はなく、
>自分が自分だと言う認識もないと思います。
その通り。

「どーせ、わたしにはこんなしょうがいがあるから・・・」
なんて意識は全くないし、
「自分」という意識もないです。

彼らはただ「生きる」。
どんなに痛くても、ひもじくても寒くても「生きる」。
これしかないの。

人間のほうがずーっと愚かね。

だけど、絹が痛いなら、その痛みはとってあげたいと思うし、
もっと食べてくれたら・・・と心配でたまらなくてね・・・。

私は、むしろ絹の片目の しよがい はかわいい。
ほんとにかわいい目をしてるの。
結膜炎は、今の先生に変わってから劇的に良くなって
安心したのも束の間、

口内炎のほうは痛いらしくて。
全ては、いわゆる「猫風邪」の症状なんだけど、
絹の場合、難治性の口内炎みたいね。

だから、
猫風邪なんか持っていなければ・・・
と、どうしても思ってしまう・・・。

絹がただ「生きる」のなら
痛みや苦しみくらいは和らげてあげたい。
そのくらいしか、人間にできることはないからね。
2016/12/23(Fri) 18:02 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック