FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
今でも私は、お湯を使う度に
「なんてあり難いんだろう。暖かいんだろう」と思う。

うちのマンションは何年か前
給水管の老朽化で漏水を起こした。

我が家では「お湯を使うと階下に漏れる」ということで
冬の三ヶ月間、給水管工事が終るまで、
水以外は一切使えない日々だった。

そんなとき、お隣の奥さんが
もし気持ち悪くなかったらうちのお風呂使って
と言ってくれた。

私はあり難くて涙が出そうになるのをこらえながら
ありがとう~気持ち悪いなんてそんな!気持ちいいよ~
そう言って、お風呂を貸してもらってた。

冬だから毎日は必要ない。
それでも髪だけは洗いたいと、水で洗ったこともあった。
だんだんと手の感覚がなくなって来て
冷たいと言うより、痛い。
そのまま家を出て自転車をこいでいると
髪がパリパリになっている。
東京でも、真冬の朝は1℃や0℃と言うときもある。
髪が凍っていたのだと思う。

そんなことを思い出すと
今でも、お湯を使えることの贅沢 を思う。

そして、どんなに古いマンションであっても
住む家がある。食べるものがある。
電気やガスや水道が使える。

当たり前のことと思うかも知れないけれど
先日も、いきなり真っ暗になってしまったお宅があって
東電や近所の電気屋に電話をしながら
いかに、我々が日頃 贅沢 をしているか、を改めて感じた。

世界一幸せな国 とブータンが話題になっているけれど
私がテレビで観たブータンの一般庶民の家は、
お世辞にも綺麗とは言えなかった。
一階に牛を飼って、牛が発する熱で二階を暖めて住まいにしているのだと言う。

でも、ブータンで暮らすばあちゃんは、
日本の取材陣の「何が幸せだと思っていますか?」の問いに
私たちが家族揃って暮らせること、
そしてあなたがたをお招き出来たことが幸せです

そう言っていた。

ブータンの人が幸せと言えるのは、今のままの生活をただ大事にしているから、
それ以上を求めないから、なんじゃないだろうか。

日本人がいくら豊かになっても、今のままでは幸せを感じられないだろう。
物欲には限りがないのだから。

三ヶ月に渡る、大規模給水管工事を終えてから
水圧も以前よりずっと良くなり、勢い良くお湯が出るようになった。
シャワーを浴びる度、「暖かいなあ」と思う。
お湯も、お隣の気持ちも。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2011/12/26 07:29】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |


カプチ
>ブータンの人が幸せと言えるのは、今のままの生活をただ大事にしているから、
それ以上を求めないから、なんじゃないだろうか。

全くその通りだと思います。
そして社会問題の多くが贅沢病から発生しているのではないかと考えています。
しかし悲しいのは貧乏をなくす活動などはいくらでもできるのに
贅沢をなくす活動となると…。
今のまま政治が無策なら近いうちにそれなりに貧乏になるのでしょうが、そういう転落の場合の貧乏はそれはそれでまたまたきつい事になるし。
難しいものです。


Re: カプチさん
ナレイ
コメント、ありがとう♪

ブータンのばあちゃんは、本当に幸せそうでした。
強欲な日本人とはエラい違いやなあ・・と思いました。

「贅沢をなくす活動」
これは本当に難しいと思います。
一方で私服を肥やす人間がいて、その一方で、貧乏人がいる
となると、貧乏人としては、なかなか「今のままでいい」とは思えないもんです。

> 今のまま政治が無策なら近いうちにそれなりに貧乏になるのでしょうが、
>そういう転落の場合の貧乏はそれはそれでまたまたきつい事になるし。
こういう転落の貧乏は、確かに惨めになると思います。

私だって、もっと良い所に引っ越したいとは思ってない と言ったら
ウソになるでしょう。
でも、ものは考えようで、
エレベータ なんて上等なものがないから、震災のときも
閉じ込められる心配もありませんでした。

この時期、灯油ヒーターOnlyの我が家では
15キロのポリタンクをしょっちゅう2階まで運ぶのはキツいけど
何年か前までは、訪問入浴もやっていて、大きなバスタブを抱えて
団地の3階とかまで平然と運んでました。

足の筋力が落ちただけ。
なら、しょっちゅうポリタンクを運んでるうちに
また慣れる、良い運動だと思っています。

Re: 追伸
ナレイ
また日本の場合、
エコだの節電だの言いながら、冬の時期で言うなら
やれクリスマス商戦だの、おせちだの、福袋だのと
消費させようとガンガン宣伝して、
ひとの物欲を余計に喚起しますからね。

情報が多過ぎて、見事にそこに乗る人たちがいる
と言うこともあるのだと思います。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
>ブータンの人が幸せと言えるのは、今のままの生活をただ大事にしているから、
それ以上を求めないから、なんじゃないだろうか。

全くその通りだと思います。
そして社会問題の多くが贅沢病から発生しているのではないかと考えています。
しかし悲しいのは貧乏をなくす活動などはいくらでもできるのに
贅沢をなくす活動となると…。
今のまま政治が無策なら近いうちにそれなりに貧乏になるのでしょうが、そういう転落の場合の貧乏はそれはそれでまたまたきつい事になるし。
難しいものです。
2011/12/26(Mon) 09:55 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
コメント、ありがとう♪

ブータンのばあちゃんは、本当に幸せそうでした。
強欲な日本人とはエラい違いやなあ・・と思いました。

「贅沢をなくす活動」
これは本当に難しいと思います。
一方で私服を肥やす人間がいて、その一方で、貧乏人がいる
となると、貧乏人としては、なかなか「今のままでいい」とは思えないもんです。

> 今のまま政治が無策なら近いうちにそれなりに貧乏になるのでしょうが、
>そういう転落の場合の貧乏はそれはそれでまたまたきつい事になるし。
こういう転落の貧乏は、確かに惨めになると思います。

私だって、もっと良い所に引っ越したいとは思ってない と言ったら
ウソになるでしょう。
でも、ものは考えようで、
エレベータ なんて上等なものがないから、震災のときも
閉じ込められる心配もありませんでした。

この時期、灯油ヒーターOnlyの我が家では
15キロのポリタンクをしょっちゅう2階まで運ぶのはキツいけど
何年か前までは、訪問入浴もやっていて、大きなバスタブを抱えて
団地の3階とかまで平然と運んでました。

足の筋力が落ちただけ。
なら、しょっちゅうポリタンクを運んでるうちに
また慣れる、良い運動だと思っています。
2011/12/26(Mon) 11:49 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
Re: 追伸
また日本の場合、
エコだの節電だの言いながら、冬の時期で言うなら
やれクリスマス商戦だの、おせちだの、福袋だのと
消費させようとガンガン宣伝して、
ひとの物欲を余計に喚起しますからね。

情報が多過ぎて、見事にそこに乗る人たちがいる
と言うこともあるのだと思います。
2011/12/26(Mon) 12:12 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック