FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ネガティブとかポジティブとか
そんなのどっちでもいんだよねーべつに。

私のように
何のアクションも起こさない者ほど
承認欲求は強くて
いつも周囲に認められたい思いでいっぱいなんだ。

いやらしいね。

病気を言い訳にしたくない。

たとえ、ずーっと緊張し続けていても
眠れない毎日でも、
それがどれだけきつくても、
自分さえその気になれば
アクションは起こせるはず。

ただ 敢えて言わせてもらえるとすれば、
基本的不信から始めた人生、
自己否定から始めた人生では、
その逆の人より、生きる道は何十倍も苦しくなる。

この世に何の拠り所もない ということだから。
この世界に、受け容れてもらえない、と思ってしまうから。

自分の病理の原発巣はどこだか、何なのかは
もうわかってる。

でも、そこが外科手術と違う所で、
いきなり癌の原発巣切除Opeなんかしてしまうと、
精神のバランスをもっと崩すことになってしまう。

そして、それは知的認識でしかないので
未だ解決には至らない。

で、またこういう自己分析を活字にすると、
それがまた「知性化」という厄介な防衛になってしまうので
ほんとは書かないほうがいいんだけどね。

だから私はひたすら、自分の深層や苦しみ、悲しみを
詩 という表現で綴ってるんだよね。


支配や依存ばかり他者に求めないで。
セラピスト・ハッチの言葉を思い出して。

自分自身と対峙するセラピーを通して
自分の生き方を、必死で模索する私と
共に歩んでくれるハッチの言葉は
いつも重みを持って私に響く。

ひとは、
自分は一人だと、ちゃんと感じられるから、
誰かと生きて行くことができる。

一人でいられることと、誰かと一緒にいられることは
比例する。


苦しみだけの人生でも
そこから脱する道は、
セラピストにも、どんな学者にも教えてはもらえないよ。

自分自身で切り拓くしかないんだよ。

どんなに苦しくてもね。

海辺にて4








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2016/09/19 23:00】 | 社会不安障害ってどんな病気?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック