FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
蝉が まだ鳴いていたから

走って行って

行かないで と

夏の前に 土下座する




フリー画像森林の道









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2016/09/08 00:05】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |


sado jo
「八日目の蝉」と言う日本の名作映画を思い出しました。
不倫相手に不妊にされた女が、その男の赤ん坊を誘拐して育てるストーリー。
喪失感を懸命に埋め合わせようとする女性心理が見事に描かれてましたね。
女性小説作家の作品でしたが、男には書けない物語だな~…と思いました

Re: sado joさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

> 女性小説作家の作品でしたが、男には書けない物語だな~…と思いました


女である私にも、とても書けないストーリーですわ。

私は、不妊に させられた んじゃなくて
ただ、子供を産めなかったから、その、子供への執着というか、
愛着というか、血のつながりのある子供ってどんな感覚なのか
私にもわからないから。


自分の中にある、母性 を感じることはあるけれどね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「八日目の蝉」と言う日本の名作映画を思い出しました。
不倫相手に不妊にされた女が、その男の赤ん坊を誘拐して育てるストーリー。
喪失感を懸命に埋め合わせようとする女性心理が見事に描かれてましたね。
女性小説作家の作品でしたが、男には書けない物語だな~…と思いました
2016/09/08(Thu) 11:36 | URL  | sado jo #V8uOUIPU[ 編集]
Re: sado joさん
コメント、ありがとう。

> 女性小説作家の作品でしたが、男には書けない物語だな~…と思いました


女である私にも、とても書けないストーリーですわ。

私は、不妊に させられた んじゃなくて
ただ、子供を産めなかったから、その、子供への執着というか、
愛着というか、血のつながりのある子供ってどんな感覚なのか
私にもわからないから。


自分の中にある、母性 を感じることはあるけれどね。
2016/09/09(Fri) 09:07 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック