FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
毎年

残暑 と聞く度

余命を 告げられた気分になる

みんなに 置いて行かれる気分になる





秋の 冷ややかな視線が 

今から 寒くて

白猫を 

そっと 抱きしめる

きぬちゃん携帯画像ネクタイ2


余命はむしろ告げられたいんだけど
ま、一応これ詩なのでね。
「永遠の命を与えられたようで」なんて書いたら
なら良いじゃん、と思われてしまうでしょ?

絹の手作り首輪、縫い目が・・・・めちゃくちゃ・・・(恥)
これでもう何十回となく縫い直してるのに、まるで上手くならん・・・
裁縫はできねんです・・・・・。
それでも、可愛い娘のために手作りしたかった・・・
中学のとき、1回だけ、家庭科で1 をもらったことが。
改めて、1をつけたあの先生は正しかった・・・・と思いやした~




ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2016/09/01 00:05】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック