FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
プライド なんて、そんな大層なもの、
私にはないのだけれど
それでも
最低限のプライドをカミソリで切り裂いて、
血を流してボロボロにしたかのような、
最低限のプライドに、タバコの火種を思い切り押しつけて
火傷を負わせて表皮を全て剥いだかのような
そんな、自傷行為のようなひとときを過ごした。

そのときは気づかず、帰りの
全身を貫くような寒さの中、
自転車をこぎながら
「ああ・・・また、自分を貶める真似をしてしまった・・」と後悔した。

身体の感覚が麻痺して来て、寒くて寒くて

家に帰って、暖房をつけたけれど
いつまで経っても、冷え切った身体が暖まらなくて。

そんなときは
信じられる人に、思い切り甘えてみたい。

そしたらすぐに、温まるのに・・・・。
ボロボロになったプライドの傷あとも、すぐに癒えるのに・・・・・。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2011/12/18 05:56】 | 神経症
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック