FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
嗚咽の波に 呑み込まれて

涙の豪雨に 叩かれて




それでも また

限られた生の前に ひとり

立つことを 余儀なくされる




この生の前に 立つには

この生が 限られた時しか持たぬことを

知るには

余りにも 無垢で

余りにも 邪気がなくて

嗚咽の波に 涙の豪雨に

溺れて 沈んでしまいそうで

きぬ携帯赤ちゃんごっこ~








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2016/08/07 00:05】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック