FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
お兄ちゃん

あなたではなく

私が 生まれて来ちゃって

ごめんなさい




お兄ちゃんは

お母さんのお腹に

いのちを宿していながら

この世に 生まれ出ることはなかったと

男の子だったのよと

お母さんから聞いたよ 

ずっと昔の 幼い日にね

それからずっと お兄ちゃん

私はあなたを 思ってた



一人っ子だった私に

お兄ちゃんが いたんだと




お兄ちゃん

あなたが この世に生まれ出ていたら

健康で

この世を謳歌して

生きたかも知れなかったのに





お兄ちゃん

この世界の光を

浴びることができなかった いのち




ごめんなさい

ごめんなさい

私が 生まれ出てしまって




お兄ちゃん

生まれ出るべきだったのは

私ではなく あなただった

私が 生まれ出たのは

間違いだったね





世界 というのは

広い広いところだよ

空というのは

青いんだよ

青というのは こんな色だよ






ごめんなさい

ごめんなさい

この世界に

祝福されるはずだった いのち

生まれ出ることが

できなかった いのち

空を 仰ぐことさえ

できなかった いのち







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2016/06/13 00:05】 | いのちの桜
トラックバック(0) |


sado jo
この宇宙で我々が知っているのは、ほんの4%ほどの世界です。
お兄さんは、後の96%のどれかの世界に生まれているんでしょう。
或いは、生まれる世界を間違えたので、さっさと止めて別の世界に引き返したのかも知れない。
人間程度の知性で宇宙の全てを知覚する事は出来ないのです。見えない世界の方が遥かに多いのですよ。

Re: sado joさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

「お兄ちゃんがいたんだ、私には」と、ずっと思って来た。
本当に、兄が生まれていたら、私は生まれてはいなかったかも知れない。

母は若い頃、重い病気でね、子供なんて産めない体だったの。
だから、自分なんかじゃなくて、兄にあたるその男の子が生まれていたら、
と、ずっと思って来た。

> 或いは、生まれる世界を間違えたので、さっさと止めて別の世界に引き返したのかも知れない。
だから、そう言ってもらえると少し救われます。ありがとう。


そうね。兄はきっと、僅か4%の世界じゃなくて、
もっともっと広い宇宙に、行ったのだと思いたい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
この宇宙で我々が知っているのは、ほんの4%ほどの世界です。
お兄さんは、後の96%のどれかの世界に生まれているんでしょう。
或いは、生まれる世界を間違えたので、さっさと止めて別の世界に引き返したのかも知れない。
人間程度の知性で宇宙の全てを知覚する事は出来ないのです。見えない世界の方が遥かに多いのですよ。
2016/06/13(Mon) 11:06 | URL  | sado jo #V8uOUIPU[ 編集]
Re: sado joさん
コメント、ありがとう。

「お兄ちゃんがいたんだ、私には」と、ずっと思って来た。
本当に、兄が生まれていたら、私は生まれてはいなかったかも知れない。

母は若い頃、重い病気でね、子供なんて産めない体だったの。
だから、自分なんかじゃなくて、兄にあたるその男の子が生まれていたら、
と、ずっと思って来た。

> 或いは、生まれる世界を間違えたので、さっさと止めて別の世界に引き返したのかも知れない。
だから、そう言ってもらえると少し救われます。ありがとう。


そうね。兄はきっと、僅か4%の世界じゃなくて、
もっともっと広い宇宙に、行ったのだと思いたい。
2016/06/13(Mon) 17:36 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック