FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私は 

あなたの血になって

あなたの中を

巡りつづけたい




あなたを

暖めるのも 私

あなたを

動かすのも 私





そうよ

私は あなたの血

とどまることなく

あなたの体内を

漂いつづけ

もしも あなたがよごれたら 

私があなたの中を 

素早く 舐めて

浄化する






そうよ 私は

あなたの血

その肌の内側を 這い

その左胸の内側から

あなたを小さくノックする

そうやって 

気づかれることなく

あなたを ずっと見つめていられる

快感






私は 

あなたの血になって

中枢から末梢まで

あなたの体内を

撫で尽くす





私は

あなたの呼吸に合わせ

規則的に

流れて 戻って

酸素を 連れて

また 流れて

あなたの中に

棲み続ける




あなたの 体内の

どこにでも いられる

喜び




私は あなたの全身の血








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/06/11 00:05】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック