FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ひとりで歩く。
自分の足で、歩いて行けるようになったとき、初めて
誰かと一緒に歩いて行ける。

今はまだ、ひとりで地面をもがいてる。
土に爪を立てて、穴を掘って、もっと奥へ潜ろうとしている。
だからもがくばかりなんだと解っていても、

ただ、辛くてもがきにもがく。
体中に力をいっぱい入れて、どんどん自らを沈めている。

力を抜けば、楽になれると言うのに。

力を抜いて、這って、それでも歩いて行けば、
必ず、道は拓けると言うのに。

白い花
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2011/12/03 06:53】 | 神経症
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック