FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
孤独が

髪に からみついて

仕方ないので

美容院へ行った





「孤独の長さの分だけ 切ってください」

と言ったら

べリーショートになった





それでも

髪が伸びれば

また 孤独





この目から

しきりに零れるのは

腐敗した涙

フリー画像女の背中2










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/03/20 02:09】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック