FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
た す け て

た す け て

だれも

助けてはくれないことを

知っていて

たすけて

たすけて と

台詞みたいに

つぶやいてみる






た す け て

た す け て 

音楽みたいに

口ずさんでみる





その台詞は

いつも 虚しく

誰の耳にも

響くことなく

雨のように

ぽたぽた 落ちて

路面をただ

濡らすだけ






た す け て

た す け て

無意味な言葉

携えて

ただ口元から

ぽろぽろ ぽろぽろ

零すだけ





た す け て

た す け て

抑揚も 何もない

大根役者の台詞には

誰も 振り向きはしない






た す け て

た す け て

言えば言うほど

皆 遠ざかって行くから

ひとりでつぶやくだけの

た す け て





ta su ke te は

ただの私のパスワード

誰も私に ログインできない

だから誰にも

助けられない








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/03/15 04:11】 | 神経症
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック