FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
無名な私の 魂は

どこに行ったら

救われる?





無名な私は

看守に言われる通り

行進をする

囚人たちのように

毎日の 懲役のためだけに

歩く







無名な私の家に

表札はない

だって 私には

名前がないのだから






名前を持たない私は

いつも 

孤独の闇に 

埋もれてしまうから

だから

誰にも 気づかれない







無名な私は

母の亡骸 引き連れて

自分も 亡骸になる日を

ひたすら夢見て 待つしかない

無名な私は

そんな夢にさえ 光を見る






本物の きらきらと輝く光は

遠い

遠い

遥か遠い 過去のもの

もう二度と

戻って来ない






無名な私の 魂は

どこに行ったら

救われる?





どこに行ったら

救われる?








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/03/07 05:22】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック