FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
だあれもいない

だあれもいない

だあれもいない

空の下






ひとは沢山 いるけれど

私を知っている人は

だあれもいない

空の下





だあれもいない

青空は

今日も明日も 続いてる





だあれもいない

青空は

無限につづく

孤独な旅を

予言する






自分を必要としている人は

必ずいる

なんて 大うそ

そんな意味のないことを

言っても仕方ないけれど





ひとりで生きている

としか感じられない

空の下





生きることに

意味も

価値も

何もない

そのことを 受け容れるために

一体どれだけの時間が

かかるのか





だあれもいない

空の下

嘘で塗り固められた

街で

嘘を つき合って

嘘に

押し潰されて生きる





息が苦しい

息が苦しい

「たすけて!」と叫んでも

だあれもいない

空の下








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/03/03 03:21】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック