FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
煙草を吸う

煙が

空に 吸い込まれて

雲と一緒に

流れてく







雲に 尋ねてみたい

私は

いつまで ここに

居ればいい?

刻まれる 時の長さは

毎分毎秒

私の胸をも 切り刻むの






毎分毎秒

痛いのよ

毎分毎秒

痛いのよ

時は 

止まってくれないから

刻一刻と

痛いのよ






飼い犬のように

鎖で 繋がれていても

塀の中のほうがいい

だって

寝床も餌も

保障されているじゃない?






シャバでは

野良犬のように

自分で餌や寝床を

探さなくてはいけないから

余計に

切り刻まれた胸が 

痛むもの






だから私を

さっさとガロウへ

連れてって

抵抗なんて

する訳ないから 安心して






踏み台の上で

踊りましょ

最期のダンスを

看守の先生

さあ一緒に

踊りましょ






サンダルの落ちる音が

私の耳に

一瞬 響く






それまでの人生が

走馬灯のように

浮かぶなんて

そんな 美しさは

望まない






「安いサンダルでも

結構いい音がするのね」

なんて

どうでもいいことを

思うのよ

「今日は 何日だっけ?」

なんて

どうでもいいことを

思うのよ





そのほうが

私らしい










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/02/21 04:35】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック