FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
心は 

すっかり 枯れ果てて

路地裏から 見上げるのは

いつも

小さな 四角い空






それでも歩けと

言うのなら

大きな 真ん丸い世界を

信じられるだけの 力を

どうか 私の

渇き切った心に 与えて






朝の並木道に

陽射しが差し込む

春の景色を

どうか私の

真冬の心に 照らして






 
色とりどりの光を

持って輝く

あなたの絵筆で

どうか私の

モノトーンの心を

染めて






お願い

お願い

そしたら私も

もっと歩けるから









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/02/18 04:45】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック