FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
献身は

ひとを感動させるのだろうか

私なら 

献身なんかより

大きな嘘を

貫き通す人に

感動を覚える






優しい人には

なりたくない

冷たい人と

思われていい






バージンな心より

娼婦な心のほうが

無垢






泣き顔も

胸の痛みも

封印して

真実を

たったひとりで

肩に背負うためには

どれだけの覚悟が

必要なのだろうか






手錠を かけられる人だけが

罪びとじゃない

清廉潔白な顔をして

「善意」という最悪の罪を犯す人の

愚かさよ





それなら

汚れた心のままでいたい






わからない

心のカラクリは

きっと 誰にも

わからない

自分のことは

きっと いちばん

自分が知らない









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/02/17 01:20】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック