FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
幾年月も

幾年月も

ひとり

悩み

憂い

惑い






幾晩も

幾晩も

ひとり

恐れ

迷い

夢見ることも

許されず





苦悩の鎖に

巻きつかれて

ひとり

行く先も

見えぬまま

それでも

生かされているという





なぜ

なぜ の

素朴な問いが

いつでも

私の眼前に

立ちはだかる




今日の

未明の闇空は

冬の嵐が

唸ってる





見渡す限りの

苦しみの 海に

ひとり ぽっかり

浮かんでる








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/02/14 05:49】 | 神経症
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック