FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
西日が

窓から差し込んで

この目を

容赦なく 刺すように

日が沈む頃から

私の頭を

緊張が貫く






眠っているとき以外

常に感じる

この緊張は

私の体の自由を奪い

思考力を奪う





それでも

仕事はしなきゃいけない

用事は こなさきゃいけない

引きつれるほどに

緊張の糸を 張り詰めながら

私は 毎日を

ようよう生きている






一億総活躍社会?

女性が輝く社会?

もう遅い

あんたたちに振り回されるのは

もう沢山・・・!

一億総活躍社会?

私は 辞退させてもらうわね






浅くなっている

自分の呼吸を感じながら

熱くなっていく

自分の体を持て余しながら

また 緊張の夜





ただ

自然の流れに

たゆたふていられたら

ただ

時の流れに

たゆたふていられたら

張り詰めた

緊張の糸は

緩むのに








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/02/09 04:47】 | 社会不安障害ってどんな病気?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック