FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
いやあ、病院まで行くのもしんどいんだけど、
やっぱりセラピスト・ハッチと話すと
自分の深層の部分がよくわかるから良いわー


今日はもう
「最近きんちょーしっ放しでさあ、
仕事行く前日の夜とか酷いのよ~」
なんて話をしたら、

ハッチが
「エラそうなこと言うつもりないけどさ、
オレだって、緊張はしてるんだよ。
誰だって、仕事のときは緊張感は持ってるよ。
ただ、不安の中身がわからないとな」

なんかそんな所から
以下のようなやり取りになった。

「ナレイさんは、不安と一緒にいられるのかな」

「いやもうもう!常に不安と共にあるわよー」

「ごめん、オレ、真逆だと思ってるんだけど」

「へ?あーそっか。
不安と一緒にいられないのね?このカンジ・・・
だから健康な人の何倍も怖くなるわけ?」

「うん。不安にフタしちゃってるからさ、
そりゃあ中身のわからない恐怖になると思うよ」


何て言うんだろう・・・・・
ハッチって、いかにも「セラピストでございます!」
的な所、全くないから良い。


で、私も理屈では
いつもこの場に、わかったふうなこと書いてるけど
ハッチ流に言うと、ちゃんと感じてない し、
ただ、なんか感覚として漠然と、
「なにこれ・・・この怖いカンジ・・・」
と思ってるので、そこをハッチは、

見事に「言葉」として表現してくれるので、
素直になれる・・と言うより、物凄く納得が行く。
そして、ちょっと気分が軽くなる。

健康な人も、不安になったり緊張したり当然する。
だけど、健康な人というのは、
不安と一緒にいられるし、
緊張しても、それを受け入れられる。
無自覚的かも知れないけど。

そこに思い切りフタしてる私は、
フタの端々から染み出すみたいに、
まるっきり中身のわからん恐怖に襲われる訳ね、

と、とても納得する。

でも最後の方でハッチは言ってくれた。

「でも、良い変化だと思うよ。
わかってないことがわかるだけでも、
凄く意味はあるからさ」と。

そ。自分が不安と一緒にいられないんだなあ・・・
とわかっただけでも、進歩なの。

と、言いつつ明日は仕事じゃけ、こわいーーー!


牛は のろのろと歩く
私も のろのろと歩く

それでいいのらー











ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2016/02/03 04:15】 | 精神療法
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック