FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私が社会不安障害を発症した時代から、
やはりこの治療法は変わってないみたいだね。
最近、認知行動療法がまた改めて見直されるようになっただけで。
あれも何か新たな発見!があった訳じゃなく、
一部で効果が認められ保険診療が認められた と言う事実があったから。

あとは抗鬱剤。
抗鬱剤の、SSRIで治るかのように言われてるようだけど、
あれはセロトニン取り込み阻害薬。
薬としては、副作用の少ない良い薬だけど、
それだけで社会不安障害が治る と言うのは先ずないだろう。

あとは大体各クりニックの宣伝。

で、あんまり出て来ないのが精神療法。
ある程度時間がかかるから、と言うんで、
ひたすら情報を欲しがる人には敬遠されるんだと想像。

個人的には、いちばん確実なのに・・と思うけどね。

日本独特の森田療法から、ユング分析心理学療法、来談者中心療法、
精神分析的精神療法まで、沢山ある。

当時、自分なりに考えて精神分析的精神療法を選んだ私だけど、
自分の場合は相当の長期戦になるだろう、と言うのは覚悟の上だった。

治療法 と言うのは、「今すぐ治る!」とか、「不安が消える!」とか
そんな手品みたいなお話ではない。

どっかの通販番組じゃるあるまいし、「ラクして自宅で痩せる」みたいに
「ラクして自宅で治る」治療法なんてどこにもない。

残念ながら、それが今の精神医学の現状だ。
だから敢えて この治療に関しては、頑張らない と言っている。
むやみに克服することで却って症状の悪化を招くことのない治療
それが、本当の克服に繋がると言っている。

良い治療者は、引き受ける以上相当の覚悟をしている。
ならばクライアントの側も、自分で治す覚悟をして、
いい加減、腹を括ったら?
と言いたい。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2011/11/18 04:43】 | 神経症
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック