FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
日がな一日

死を 見つめながら

生きている





食器を洗いながら

流した水に

死を 見つめて

掃除機をかけながら

塵に

死を 見つめて






真冬の澄んだ空に

死を 見つめて

足元の草に

死を 見つめて





カチコチ カチコチ

静寂の中で

時が刻まれる音を

聞きながら

1秒1秒に

死を 見つめて





いつでも

どんな物にも

死を見つめてばかりいる





楽へ通じる道が

すぐ近くに見えるのに

怖くて

とても 踏み出せないの





囚われや執着を

捨てきれず

今宵も

死の美酒に

酔ってしまう私









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/01/20 15:09】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック