FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
否定の沼に

追い込まれると

全身が

悲しみや苦しみにまみれて

溺れて行く




悲しみや苦しみに

抗えば抗うほど

溺れるのがわかっていて

抗わずにはいられない




否定の沼に はまると

自分自身でさえ

私の姿が

見えなくなる






残された僅かな 理性で

大人の顔を 保ってる

そして何もかも

どうでも良くなる





大切なものなんてないさ

邪魔なものばかりで

私の体は できているから





大切なものなんてないさ

自分は ひとりぼっちだと

いつも思い込んでいるから





大切なものなんてないさ

捨てたいものしか

私にはないさ





そう思うとき

凍りついた風に

この身が さらされて

痛い









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/01/05 13:39】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック