FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
あけおめでございます。
今年も、よろしくお願いします。

元旦から記事をアップするのは
私くらいかしら・・・?


私のそばにはいつも、犬たちが、猫たちがいた。

犬6頭、猫3匹見送って最近わかったこと。

私は、犬も猫もどちらも好きだけど、
犬と猫とでは、その特徴がまるで違うのは
皆さんご存知だと思う。

大前提として、犬や猫は
常に人間の都合で、翻弄されていることを
忘れてはならないけれど。

犬は、人間をとことん愛する。
飼い主のためなら、死ぬことも厭わない。


その点猫は、「勝手気まま」とか言われるし
犬より遥かにアタマが悪い。

アタマが悪いというより、
野生が強い と言ったらいいだろうか。

その愚かしさが、猫の魅力なのだけれど。


だけど、猫にはそれぞれに
生き様、死に様があって、

たとえ飼い主であっても、
それを侵してはいけないのだと思うようになった。

勿論、犬にも生き様はあるけれど、
それは常に、飼い主と共にある生き様だ。

一方、猫には、猫だけの生き様があると感じる。

絹には絹だけの生き様があって、
私がそれを侵してはいけないのだと。

そして、どんな思いをしても、どんな目に遭っても、
犬や猫は、自分の死を受け容れて、必ずその生を全うする。


絹は白猫だけど、
白猫は、ちょっと特殊な遺伝子を持っていて
いろいろな病気に罹りやすい。

弱い白猫は
一説によると、気の強い性格を持ったり、
自分の体に触れさせないことで
敵から身を守って、生き延びて来たという。

その説で納得ができた。

絹は、撫でられることを物凄く嫌う。
撫でると、甘噛みして私の手を制止する。
とてもクールで、ドライな子だ。

この子の祖先の、生き延びようとする血が
絹の性格を作ったのかも知れない。

そう思うと、
私は、絹が愛しくて、健気でならない。


今まで見送った3匹の猫たちにも
それぞれの生き様、死に様があった。

ビビりな子には、ビビりなりの
強い子には、強いなりの、
生き様が、死に様があった。

あの子たちの生と死から、私は、多くを学んだ。

絹には絹の生き様がある。
私はその邪魔をせず、ただ見守る、
それが飼い主の務めなのだと思う。


我々人間は、これだけしっかりとした生き様を、
果たして持っているだろうか。

万物の霊長と言われる、人間たちは
愚かしい猫たちから
教わるべきことがあるのではないだろうか。


本当に賢いのは、どっちなのか。

きぬ・朝の運動会縮小版14








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2016/01/01 11:49】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |


sado jo
明けましておめでとうございます♪
あらゆる動物の中で、人間が一番愚かだと思いますね。
犬や猫は、死を受容出来る。だが、人はそれすら出来ずに足掻く。
挙句の果てに、自分の周りの環境を破壊し、人間同士で殺しあう(戦争)
神の目で見れば、一番愚かな動物になります(笑)

Re: sado joさん
ナレイ
あけましておめでとうございます。

コメント、ありがとう。

>犬や猫は、死を受容出来る。
>だが、人はそれすら出来ずに足掻く。
その通り。


犬や猫は、自分の死をちゃんと受け容れる。
どんなに苦しんでも、その生を全うするの。

人間にはそれができなくて
何とかして一日でも生き延びようと生に執着する。

よくある「余命○年のなんたら。○日間闘病全記録」
とかいう番組。
あれは「何とかして病気に勝つ!」とか
ものすごく生に執着してるだけなのに、「美談」として創られてるけど
私はまるで感動しません。

悪あがきはやめて、猫のように
自分の死をちゃんと受け容れたら?
と思えてなりません。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます♪
あらゆる動物の中で、人間が一番愚かだと思いますね。
犬や猫は、死を受容出来る。だが、人はそれすら出来ずに足掻く。
挙句の果てに、自分の周りの環境を破壊し、人間同士で殺しあう(戦争)
神の目で見れば、一番愚かな動物になります(笑)
2016/01/02(Sat) 11:40 | URL  | sado jo #V8uOUIPU[ 編集]
Re: sado joさん
あけましておめでとうございます。

コメント、ありがとう。

>犬や猫は、死を受容出来る。
>だが、人はそれすら出来ずに足掻く。
その通り。


犬や猫は、自分の死をちゃんと受け容れる。
どんなに苦しんでも、その生を全うするの。

人間にはそれができなくて
何とかして一日でも生き延びようと生に執着する。

よくある「余命○年のなんたら。○日間闘病全記録」
とかいう番組。
あれは「何とかして病気に勝つ!」とか
ものすごく生に執着してるだけなのに、「美談」として創られてるけど
私はまるで感動しません。

悪あがきはやめて、猫のように
自分の死をちゃんと受け容れたら?
と思えてなりません。
2016/01/02(Sat) 12:11 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック