FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私の血管を

悲しみが 流れてる

心臓が

体中に

悲しみを 送ってる





寒い

部屋を 

暖めても暖めても

寒い





どこがそんなに寒いのか

何がそんなに寒いのか

わからなかったけど

悲しみが

体中を巡っているから

こんなにも 寒かったと気づく




悲しみは 冷たくて

私から

体温を奪う

だから 寒くて

寂しくて




腕にカミソリを当てると

真っ赤な悲しみが

滴り落ちる




胸に手を当てると

トクトクと

悲しみの鼓動が

聞こえて来る







鼓動は 止められない

だから

悲しみも 止められない







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/12/25 12:06】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック