FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
大変なんだと知った。あの頃。
家族の悲しみや怒りに関係なく、
死んだ途端に病院からはとっとと追い出され、霊安室でもせかされ、
線香もあげさせてもらえず。

死亡診断書、死亡届、
戸籍係の窓口にこれをもって除籍の手続きに行ったときだったかな・・
窓口の人が
死亡届けで~~~す!
と、やけに明るく言ったのを憶えている。

そうよね、
単にこの市から考えれば人口が一人減ったと言うだけのことだものね・・・。
そして、埋葬許可書
これは絶対に失くさないで下さい。これがないと火葬が出来ません
そう言う法的なことにはうるさいのね・・・
と思ったものだった・・・・。

そんな事務的な手続きばかりの中で
母の葬儀には、儀礼的に来ただけ の人は一人もいなかった。
80人の人が皆、心底悲しんで、或いは驚いて、或いは私を心配して
来てくれた。

それが本当に嬉しかった、あの12年前の母の小さな葬儀。
人が一人死ぬ と言うことは大変なことなんだ。

そして
人が一人で生きて行くと言うことも。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2011/11/13 08:04】 | いのちの桜
トラックバック(0) |


カプチ
何かえらくしぶい装いになりましたね。
でもシンプルでいいかも。



Re: カプチさーん
ナレイ
コメント、ありがとう~♪

シンプルなのは良いんだけど

前のほうがコメント欄の文字も大きくて
お気に入り だったのです~~~(泣

未だにダメなので
しばし、このままの 装い で~~~~(号泣


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
何かえらくしぶい装いになりましたね。
でもシンプルでいいかも。

2011/11/13(Sun) 20:19 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさーん
コメント、ありがとう~♪

シンプルなのは良いんだけど

前のほうがコメント欄の文字も大きくて
お気に入り だったのです~~~(泣

未だにダメなので
しばし、このままの 装い で~~~~(号泣
2011/11/13(Sun) 20:23 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック