FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
よくテレビで

「あなたが大事にしてるものは何ですか?」

と言う質問をすると、
大抵みんな「家族」と答える。

何かと言うと
家族
家族
家族。

じゃあ、天涯孤独の私には、何があるの?
いろんなCMとかを見ていても
家族がいること、大前提なんだよね。

それに、ひとりだと
物理的にも大変なことが多い。

交通事故で入院したときも
着替えを持って来てくれる家族はいないから、

車に はねられたときのままの格好、
湿った血染めの寝巻きを着て、サンダルを履いて
家に帰った。

それ以降、虫垂炎でお腹の激しい痛みに
QQ車を自分で要請したときも、
痛みに悶えつつ、最低限の着替えを自分で準備した。
お陰で入院後も困ることもなく、助かった。

だけど、友人たちが見舞いに来てくれて
必要なものを、と
パジャマとかスエットとかカーディガンとか
持って来てくれた。

友達、有り難いね。

物理的なことだけじゃなくてね。

孤独死はイヤだねえ・・・とかみんな言うけど
私にとっては、孤独死なんて当たり前のことと考えてる。
死ねるだけ上等ってなもんさ。

とにかく、寂しい以上に
天涯孤独だと、何かと不便で仕方がない。

そうは言いつつ
家族がいても、いなくても

私の苦しみに大した差はないだろう。

「あなたが大事にしてるものは何ですか?」

と、問われて、私にたとえ家族がいたとしても
私は「家族」とは答えないと思う。

そうだな・・・・

「何事も、後生大事にしないことを
大事にしています」

そう答えるかも知れない。

あー大事にしているもの忘れてた!これこれこいつ~↓

デジカメちぬ・朝の運動会










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2015/12/10 16:17】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック